凧は空に浮かぶ手作りのオブジェ。自然が引く凧糸の感触。手の届かないところで織り成す微妙なバランス。凧作りの奥深さは人を惹きつけるものがあります。

レジ袋の生地

 簡単に作れる凧の生地として、レジ袋がよく使われます。

当サイトでも、レジ袋を使った凧の作り方もいくつか紹介しています。

レジ袋はカサカサの生地で、薄いわりにはしっかりしています。

そのため、軟らかいポリ袋よりも凧生地としてはよく使われるようになりました。

これは、薄くてしっかりしたレジ袋が普及したからでもあります。

レジ袋のシート

ところで、カサカサのレジ袋の素材名は「高密度ポリエチレン」です。

「HDPE」という表記がされ、「ハイデンポリ」とも言います。

もし、ネットでお探しなら、「高密度ポリエチレン袋」「ハイデンポリ袋」で検索してみるといいでしょう。


この高密度ポリエチレンのレジ袋の厚さについてですが。

レジ袋が出始めた頃は、30ミクロン(0.03ミリ)のものが主流だったのですが、だんだんと薄いものができてきました。

レジ袋や包装用のポリ袋は、できるだけコストを抑えたいものなので、薄く低価格なものができてきました。

いまでは、20ミクロン(0.02ミリ)以下の厚さのものが主流ではないでしょうか。

ちなみに、世界記録に挑戦した連凧の生地は、厚さ15ミクロン(0.015ミリ)のものです。
(この薄さで、色の付いたシートは、当然、特注品です。)

この薄くて強い高密度ポリエチレンシートのおかげで、簡単に軽い凧ができるようになりました。


ところで、凧作り教室などで、無地のシートが何枚も必要となるとなかなか見あたらないようです。

スーパーではマチのある袋はありましたが、サイズ的にはいいものが見あたりませんでした。

それで、通販で販売していないかと調べてみると・・・  あるものですね。

参考までに、凧作り資材館にもアップしてみました。

参考: 高密度ポリエチレン袋

プリンターで印刷できる和紙

プリンターで印刷できる和紙を見つけました。

以前見本をいただいたときは厚すぎて凧用の紙としては使えなかったのですが、今回同じメーカーから薄い手のインクジェットプリンター用の和紙をいただきました。

プリンターで印刷できる和紙

薄いといっても、あまり薄すぎると、プリンターに通らないし、インクが紙の裏側まで透ってしまうとプリンターのドラムが汚れてしまいます。

そこで、インクジェットプリンターでも印刷できる強さとにじみ具合を調整して、できるだけ薄い和紙に仕上げたようです。

試しに印刷してみたのが次の画像です。

プリンターで印刷した凧絵

これは、自分で作った凧をデジカメで撮って、その画像を印刷したものです。(多少、いらないところを消したりと加工はしました。)

元の画像がしっかりした物ではないので多少ボケていますが、印刷としては、にじむこともなくしっかりできています。

サイズはA4です。凧としては小さいのですが、普通の家庭にあるプリンターだとA4サイズがポピュラーな用紙サイズではないでしょうか。

この紙を使って、簡単に作れる凧ができないかと考え中です。

和紙のよいところは、紙に粘りがあるので破けにくいことです。
それと、柔らかさがあるので、風を受けたとき翼面が柔軟にしなってくれます。

凧の場合、この柔軟性は、安定を保つ上で重要な役割をします。

ちなみに、この和紙を作ったのは、高知の土佐和紙製作所です。
社名は「高岡丑製紙」

プリンターで印刷して絵が描けるとなると、凧のデザイン性も広がり、何よりも簡単に作ることができるようになるのではないでしょうか。

また、学校現場ではコンピュータでお絵かきソフトを使って絵を描かすこともあると思います。
そこで、描いた絵を掲示板に貼るだけでなく、それを凧にして空に揚げて楽しむことができれば、学習意欲の向上にもなるかと思っています。

まずは、プリンターで印刷できる和紙を開発してくれたメーカーに感謝しつつ、作る凧を考えたいと思います。

樹の紙

樹の紙

上の写真は、樹の紙というものです。
紙に木の模様を印刷した物ではなく、木を薄く剥いで、裏から薄い紙を貼った物です。

凧の素材としておもしろいのではないかと思って入手しました。

昔、たこ焼きを入れていた船や、まんじゅうなどを包んでいた、薄板という物がありました。木の板を薄く剥いだ物です。
それをさらに薄くして、紙と合わせた物のようです。

くるんであった包みを解いたとたんに、木のいいいい香りがして、本物の木のよさを感じました。
また、木目も鮮やかに出ています。今回いただいたのは、2種類ですが、バリエーションは多く、いろいろな木で作られているようです。

とりあえず、染料を塗ってみましたが、やはり木なので、木目に沿ってかなり滲んでいきます。
それに、下地に木の色があるので、染料では鮮やかな色は望めません。
絵馬に絵を描くのと同じです。

その分、何を描こうかと考える楽しみができました。

まずは、これで角凧を作ってみようかと思っています。

それと、製造業者が言うには、インクジェットプリンターで印刷ができるそうです。まだ試してはないのですが、プリンターで印刷できるなら、用途も広がります。
私が頭に浮かんだのは、名刺をこれで作ったり、年賀状を作ってはどうかと思いました。
凧用に使った後、残ったら作ってみたいと思っています。

和紙を布で裏打ち

裏打ち用布

和紙に布で裏打ちをして凧を作っています。
上に乗っているのが、裏打ち用の布です。

今回は依頼があって縦1.5m程の角凧を作っています。
展示するのが主な目的なので、和紙に裏打ちをしました。
提示用といっても、ちゃんと飛ばせるようには作っています。

裏打ちの布ですが、スカートなど作るときに布の芯として使う物です。
アップリケのようにアイロンでひっつくようになっています。

シワにならないように中心からゆっくりアイロンをあてると、簡単に裏打ちすることができます。

ただし、布で裏打ちした生地は、木工用ボンドなどのノリで接着がしにくくなります。
裏に貼った布が、ノリを吸い込んでしますので普通に貼っていたら、骨がひっつかなかたり、折り返し部分が剥がれてきます。

私は、木工用のボンドの水分を飛ばして、かなり粘性が強くなった物を使って貼りました。
粘りをだすためには、特に何かするわけではなく、ただ半分くらい使ったら、そのまま使い切らずに、何日も放っておくだけです。
この、使わずにわざと置いておいた、粘り気のある木工用ボンドは、いろんなところで重宝します。

プリンターで和紙に印刷

和紙にプリンターで印刷

プリンターで印刷できる和紙がありました。
上の写真で、左側が和紙で、右側は上質紙(普通のプリンター用紙)です。
ほとんど差が見られません。

入手できたのは、A4サイズですが、A3サイズのもあるそうです。
紙の厚さも、薄い物もあるようです。
紙を漉いている所に在庫がなく、今回は、見本として1種類だけ頂いたものにプリントアウトしてみました。

次回、紙を漉いたときに他の和紙でも試したいと思っています。

和紙は、上質紙よりも柔らかく丈夫なので、プリントアウトできると、いろいろな絵を簡単に載せて凧を作ることができるのではないでしょうか。

1つの可能性として、もう少し調べていきたいと思っています。

不織布の生地 6(プリンターで印刷)

プリンターで印刷

不織布は水性インクでも絵が描けるということは、インクジェットプリンターで印刷することも可能になります。
凧揚げ大会に参加すると、プリンターで印刷して作った凧を見ることもよくあります。連凧を作るときなど、同じ絵を何枚も描かなければならないときには便利です。
また、プリンターで線書きの黒だけ印刷して、後で色を塗っていくこともできます。

写真の絵は、凧の絵をデジカメで撮った画像です。A4サイズで、解像度を 200dpi にしています。
不織布に印刷すると、普通の上質紙に印刷した場合よりややくすんだ感じになります。

仮止め用スプレーのり

実際に印刷する方法ですが、前にもお話ししたように、不織布は目が粗く、インクが裏まで抜けやすくなっています。70g/屬良埒ド曚任蓮△修里泙泪廛螢鵐拭爾念刷しても問題ありませんが、50g/屬里發里任魯ぅ鵐が透けてしまいます。また、上質紙に比べ、柔らかいので、紙づまりを起こす場合もあります。

そこで、上質紙に不織布を貼り付けて印刷します。

台紙となる上質紙に、再接着可能な(または仮止め用)スプレーのりを吹きつけ、少し乾かして、カットした不織布を貼り付けます。このとき不織布の裏表に注意して下さい。また、印刷は「手差し」で行う方が問題なくできます。後は、台紙から剥がせば完了です。

プリンターで印刷できる用紙の大きさには限界がありますが、絵を分割して印刷し、後で貼り合わせて使えばなかなかの大きさの物ができるのではないでしょうか。
手で描くのも凧作りのおもしろさの一つですが、プリンターを使って、いろいろな画像が印刷できるとなると、創造力も増してくるのではないでしょうか。

不織布の生地 5 (溶着)

不織布の熱溶着

不織布の大きな特徴の1つが、熱溶着ができることです。
繊維に、PE(ポリエチレン)が含まれているため、熱をかけることで、不織布同士を接合することができます。

写真の左側は、半田ごてで溶着したもので、右側はシール機で溶着しました。

半田ごてで溶着

半田ごてですると、溶着面が細くなりますが、こてを動かすスピードや角度を調整すると、十分な接合ができます。
半田ごてのような物で、先が太くなっている簡易シール機もあり、それでするともうきれいに接合できるかもしれません。

専用のシール機でした場合は、ポリシートの時よりも、熱をかけ圧着する時間を長く設定します。

この熱溶着が可能なことで、不織布が紙とポリシートの2つの特徴を兼ね備えたものと言えるのではないでしょうか。

不織布の生地4(絵を描く)

不織布にマジックで描く

前回、不織布は生地の目が粗いということを書きましたが、このことは絵を描く場合にも影響します。

写真は、50g/屬良埒ド曚北性のマジックで描いた物です。
このように、インクが下に透け易くなります。(これでもけっこう手早く描いたつもりです)
新しいマジックで描くともっと下に写ってしまうと思います。
絵の具で描くとさらにもっと下に透けてしまいます。

不織布は水に強く、普通の紙のように水に濡らすと破けやすくなることはありません。その分、保水性が低いので、絵の具の吸収量も低く、色が若干薄くなる傾向にあります。

ネオカラーなどの粘性のある顔料系の絵の具で描くと、不織布の目をふさぐように色が入っていくので、ほとんど変わらずに色が載ります。(色付けの記事参照)

不織布の繊維は、表面がPE(ポリエチレン)ですので、染料系の絵の具では、十分に繊維にしみ込まず、和紙と同じような色が出にくくなります。

とはいっても、上記の内容は和紙など普通の紙に比べて、若干差が出るという範囲のものです。水性絵の具でも絵が描け、これだけの強さを持つ生地は他には見あたらないと思います。
凧の生地としては、これから発展性のある素材だと思います。

不織布の生地 3

折り目が付きにくい

再び不織布の生地についてのお話に戻ります。
不織布は、和紙の繊維に比べて、強靱でコシがあります。
そのため、折り曲げてもしっかり折り目が付きにくく、写真のように、元に戻ろうとします。
それと、生地の目が粗いことも特徴です。

この、2つの特徴(コシが強く目が粗い)のため、凧を作るときに多少気をつけなければならないことがあります。

それは、凧の周りを折り返して貼るときに、ノリを付けて貼っても、折り目が浮いてきてうまく貼れないときがあります。これは、目が粗いため、ノリが不織布にしみ込んでしまい接着が弱くなり、紙が戻ろうとする力に負けて剥がれてしまうからです。
そこで、紙を貼るときは木工用ボンドを使うのですが、少し乾燥させてかき混ぜ、粘りの強い物を使う方法があります。
70g/屬諒になるとさらに貼りにくくなるので、ノリを付けて、手で押さえてすぐに、アイロンをあてて接着させます。アイロンの温度は、やや弱めにします。
ノリを使わず、両面テープで貼る方法もありますが、それでも時間が経つと粘着力の弱いところから、折ったところが開いてきます。
私は、木工用ボンドで貼るときも両面テープで貼るときも、アイロンをかけて接着していきます。

不織布の生地 2(重さ)

不織布の生地

不織布には多くの種類があります。
凧の生地として使うのは、主に障子紙として使われる物です。薄い物は、包装用紙材として使われる物もあります。

不織布は、同じくらいの厚さの和紙と比べ、重くなります。
私が、凧の生地として使っていたのは、50〜70g/屬諒です。
30g/屬諒だと、目が粗いため、空気が透けてしまいます。
小凧でも、50g/屬諒がよいようです。

しかし、50g/屬任癲∀損罎僚鼎気任い┐弌■弧茲力損罎汎韻犬らいです。8匁の和紙だとかなり大きな凧が作れます。
つまり、小さい凧を作るには、重くなりますが、大きな凧を作るには、十分な強度を持つ生地だといえます。
メインメニュー
・目次ページ
・お役立ち情報館
・凧作り資材館
・凧の本・書籍の紹介
・相互リンク募集
・お問い合わせ
目 次
ブログ内検索
サイト内を語句で検索
最近の記事
最近のコメント
プロフィール
お気に入り追加
お気に入りに追加!
にほんブログ村 趣味ブログへ
新宿不動産
ワノコト -和風な暮らしコミュニティ-
ジャンボ宝くじの当選番号
四国徳島 健心流
リゾートバイトをお探しの方はこちら
enjoy-resoba.com
POSレジ導入をお考えの方はこちらをチェック
rentalpos-hikaku.com
メンズ脱毛のランキングNo.1!
www.ourchancetogive.org
aga治療東京編
aga-osusume.info
ホットヨガを始めるならこちらをチェック
gendai-yoga.com
銀座で美容整形クリニックを探すならこちら
gnzcosmeticsurgery.net
パーティードレスの通販サイトはこちら
dresspros.info
金属3Dプリンターをご利用ならこちらをチェック
metal3dphikaku.net
リゾートバイトを探すならこちら
resortworks-kuraberu.net
交通事故専門の弁護士をお探しならこちら
tal-lawyer-rank.com
その他
QRコード
qrcode