凧は空に浮かぶ手作りのオブジェ。自然が引く凧糸の感触。手の届かないところで織り成す微妙なバランス。凧作りの奥深さは人を惹きつけるものがあります。

ゴミ袋で作る紙うなり

小さな角凧に紙うなりを付けて音を出したいと考えて、いろいろな素材で試してみました。

できるだけ身近にあり、入手が容易なもので作りたいということが目標でもありました。

紙うなりといっても、実際はポリシートで作ります。
大きな凧に付けるなら、梱包用のフイルム粘着テープを貼り合わせて付ければよいと思います。

しかし、縦60センチ程度の小さな角凧では、厚かったり、しっかりした物になると振動しません。

そこで、どこにでもあるゴミ袋を使って凧のうなりをつくるなら、

PE(ポリエチレン)の袋で、厚さが 0.03ミリのものがいいようです。

それを下の図のサイズに切って、端の方にセロテープを貼ります。

うなりのサイズ

この、端にセロテープを貼っておくというのがポイントで、これで振動が起こりやすくなります。

セロテープは、始めに位置を決めて貼っておいて、後から全体をカットする方がしやすいと思います。

それと、セロテープを貼るときに、テープを引っ張って貼ると後から縮んでしわになります。(それでも音は鳴りますが・・)

紙うなりの付け方

こうして切った物を、凧の反り糸に付けます。

付けるのは、梱包用のフイルムテープです。
このフイルムテープの厚さが加わって全体として音が出やすくなります。

大きな凧だとテープを何枚か重ねて貼りますが、このサイズの紙うなりの場合は1回で十分です。

下の写真は、見やすくするためにハトロン紙を使っていますが、茶色いハトロン紙の代わりに前述したポリシート(ゴミ袋)で作ったうなりを付けます。

紙うなり
透明では写真にした時にわかりにくかったので、付けたときの様子がわかればと思って上の写真を掲載いたしました。(ハトロン紙では鳴りにくかったので、ポリシートにセロテープを貼ったうなりをおすすめします。)

津軽凧に付けられているブンブ(紙うなり)は、もっとしっかりした物で、全体が大きく振動します。
津軽凧の太鼓のような構造と相まって、ヘリコプターが飛んでいるような迫力のある音がします。

小さな普通の角凧に付ける紙うなりでは、津軽凧のブンブほどの音は望めませんが、できるだけ音が出るように工夫したつもりです。

簡単に作ることができるので、音が出る凧というのを体感していただけたらと思います。

また、弓にテープを張って鳴らすうなりももっと簡単にできないか、と思っています。
それは、今後の課題ということで・・・

紙うなり経過報告2(振動の仕方)

紙うなりについてですが、

小さな凧に付けるのは、柔らかくて軽い方が鳴りやすいが、大きな振動が出にくいのです。

ある程度しっかりした物(硬さがある物)は鳴らすのに大きな力(風力)がいりますが、その分大きな振動が得られるようです。

それで、いろいろな素材で実験していくと、紙うなりの振動の仕方には2種類あるようです。

紙うなりの振動の仕方

上の図で、Aのパターンの振動は紙や厚いシートを使ったときに起きます。
紙うなり全体が振動しているわけです。

それに対して、Bの振動は、旗がバタバタ音を立ててはためくような振動です。これは、薄いシートを使ったときに起こり、Aに比べて少ない風量で鳴り始めます。

紙うなりは、基本的にAの振動をねらっているわけですが、ある程度の風量が必要になります。
また、全体が湾曲して振動するので、素材に多少の柔軟性は必要になります。つまり、あまり硬すぎても鳴らないということです。

初めは、津軽凧がバラバラとヘリコプターが出すような音を出して上がるイメージ(Aの振動)を求めていました。

しかし、子供たちにはまず、音が出ることを体感してもらうとなると、Bのような振動で、少しでも少ない風で音が出る方がいいのかと思っています。

そして、もうひとつわかったことがあります。

PE(ポリエチレン)のシートで厚さが30ミクロンだと、Bの振動しか起こらない場合がありました。

しかし、PP(ポリプロピレン)の厚さ40ミクロンで、幅を60ミリくらいにすると、初めはBの振動で、そのうち強い風量をうけるとAのような振動に変わってくるのです。

しかし、両方のいいところを完全にとらえたわけではなく、鳴り始めは少し遅いのですが、そのうちそれなりの大きな振動へと変わることができる。
つまり、それぞれの効果を多少犠牲にしながらも、両方の振動が得られるものを作ることができるというわけです。

この結果をふまえて、もう少し調べていこうと思っています。

紙うなり経過報告1(素材)

簡単に作れて、凧に音が出せるようにと思って紙うなりを作っています。

凧の大きさは、縦60センチ、横40センチの角凧です。
この大きさに限定して、音の出る物をいろいろと試しています。

台形に切った紙やポリシートを角凧の反り糸に付けて、風の力で振動させて音を出すのですが、音の出方にはいろいろと奥があるようです。

紙うなりの実験

まず凧に付けたうなりの音は、うなり自体の音だけでなく、うなりの振動が凧に伝わって、凧全体が振動して出す音です。

従って、よく共鳴する凧を作ることもポイントとなります。
しかし、今回は、凧の性能についてはひとまずおいておくことにします。

凧作り教室などで作る小さな角凧に、どんな物をつければ音が出るかということを追求することにします。

上の写真のように、竹の骨に反り糸を付けて、それにいろいろな物を付けて鳴らしてみました。

その中で、よさそうな物を凧に付けて揚げていきました。

まず形と大きさですが、下のような大きさの物がいいようです。

紙うなりのサイズ

縦の幅は50から65とありますが、鳴らす素材によって変わってくるからです。(最終的にはこの幅がいい、という数字を出したいと思います。)

では、使う素材についてです。

初めは、紙で試してみました。
ハトロン紙、コウゾ和紙、純白ロール、奉書紙・・
厚い物はほとんど鳴りませんでした。使ううちにだんだんと薄く、柔らかい物へと移っていきました。

それで、ポリシート、フイルムで試すことに・・

使ったシートは、
PE、PP、OPP、スチレン・・

要するに、厚くて重いものは、振動させるために多くの風のエネルギーが必要なので鳴りにくい。

しかし、薄く柔らかい物では、大きな振動が得られにくいのです。

この中で比較的よかったのが、PP(ポリプロピレン)のシートで厚さが40ミクロン(0.04ミリ)のものです。

付ける凧が小さいだけに、硬かったり、重い物は強く風を受けないと鳴り始めません。

それと、PP40ミクロンのシートを付けるのは、幅45ミリの梱包用の透明なフイルムテープです。

これを二つに折って、反り糸とうなりのシートを挟むようにして貼り付けます。

つまり、糸に付いている方は、フイルムテープの厚さ分厚くしっかりしているわけです。
そして、先の方は、PPシートだけのやわらな部分になります。

この、根本がしっかりしていて、端の方が柔らかいのが、少ない風で鳴り始めて、やがて強く振動するのに適しているようです。

これを反対にして、端の方にフイルムテープを貼って強くし、糸に取り付けるのを、セロテープを半分に折って貼り付けると、

振動は大きいのですが、鳴り始めが遅いのと、振動が音として出にくいようです。

ここで、一つの壁に当たりました。

PP(ポリプロピレン)の40ミクロンの袋、またはシートというのがなkなかないのです。

市販されているのはほとんどがPE(ポリエチレン)です。
それも、大半は薄い物ばかりです。

PPの袋は、ポリ袋を入れる包装用に使われています。

手に入りにくい物では、誰でも手軽に作れるうなりにはなりません。
もっと身近にある素材で、音を出せるものを見つけるのが課題として残ってしまいました。

もう少し、調べていきたいと思います。

紙うなり

津軽凧には天の反り糸に紙やフイルムテープなどをつけて、音が出るようにしています。

津軽凧では「ブンブ」というそうですが、元々は和紙を貼り合わせ作っていたので、「紙うなり」と言うことにします。

実際は、和紙を貼り合わせて作らなくても、現在は便利な素材があるので、音の出やすい物を使えばいいと思っています。

なので、「紙うなり」といっても、「紙で作るうなり」という意味ではなくて、下の写真のように、「天の反り糸につけて音を出すうなり」と考えていただく方がいいと思います。

紙うなり

写真の紙うなりは、縦60センチ、横40センチ程度の角凧に、ハトロン紙をつけた物です。

白い紙だとわかりにくいので、茶色のハトロン紙をつけました。
決して、ハトロン紙がベストだということではありません。

実際に、何をどう使えばよいかは実験中です。

この紙うなりについては、読者の方から質問のメールをいただいたことがきっかけで調べることにしました。

今までは、つくってもらった津軽凧を揚げるか、自分で作った角凧につけて試したことはありますが、それほど数を作ったわけではありませんでした。

それに、今回は教材用として子供たちが作る角凧につけたらどうかという思いがあり、いろいろと試してみることにしました。

音の出る凧を子供たちにも簡単に作れたらいいかなと思っています。

ところで、初めはハトロン紙や和紙など、しっかりした物をつけてみましたが、どうも音が出にくかったのです。

硬い(しっかりした)紙から薄い紙へ、さらにポリなどの樹脂シートへと素材が広がってきました。

いくつか凧を作って揚げて比べていましたが、それではきりがないので、下の写真のように、天骨と同じくらいの強さの竹に反り糸をつけて、それにいろいろな紙うなりをつけて振ってみることにしました。

紙うなり実験用弓

この方法は、弓にテープを貼って鳴らすうなりと同じです。

これなら、いくらでも作れるので、これで実験をして、よさそうな物を凧に付けて揚げることにします。

また、やっていると結構奥が深そうなので、付ける凧は、横40センチくらいの角凧に限定してすることにしました。

まだ、実験は途中ですが、鳴り始めは弓うなりの方が早い(少ない風でも鳴り始める)ようです。

また、音の大きさも、紙うなりだけでなく凧本体の共鳴の仕方に依存するので、それほど骨組みがしっかりしていない小さな角凧では音の大きさにも限界があるようです。

しかし、「簡単に作れる音の出る凧」を目指して、多少妥協もしながら作っていきたいと思っています

「うなり」のテープの幅

テープの幅決め

前回の記事で、「うなりの音が2回変わるように作る」と言うことを書きました。
では、実際にどのように調整するかです。

定常波の振動は、張力(弦を引っ張る力)、線密度(単位長さにおける重さ)に関係します。(関係式もありますが、詳しいことは省略します)
うなりで言うと、弓の強さと、テープの質です。

弓の強さは、弱すぎると、テープがブルブルと振るえるだけで定常波にはなりません。なったとしても、第1段階のみです。
少し強めの弓にします。

問題はテープの質です。
そして、一番大きく関わるのは、テープの幅です。
梱包用や包装用のテープをそのまま使う方をよく見かけますが、ある程度、幅を細くしないとあまり鳴りません。

上の写真は、厚さが75ミクロンで、8ミリの幅のテープを2等分にする道具です。溝の真ん中に突き刺してあるのは、カッターの刃です。
何回か実験した結果、このテープは、4仄紊良にするのがよいようです。
4ミリを越えると、風が強くなったときに、音が振るえてしまいます。いわゆる、風に負けた状態になります。
そこで、ほぼ2等分にして、細い方を使うようにしています。

ただし、このテープは、1メートル以上のうなりでしか実験をしていないので、短いうなりだと、あまり音が出ないのではないかと思います。

テープの幅を調整したり、厚さを紙ヤスリで削って薄くしたりすることで、よく鳴るうなりに変身することがあります。

よく鳴るうなりの振動

うなりの振動1

凧に付ける「うなり」については、多くの方が工夫を凝らせて作っています。
私は、よく鳴ることを目標に「うなり」を作ってきました。
まだまだ、研究の途中ですが、私なりの結論として、「こういううなりが、よく鳴る」と思っていることを紹介します。

うなりを付けた凧を揚げていると、あまり風を受けていないときは、「ブーン」と鳴っているのですが、風受けが良くなると、一気に音の高さと大きさが大きくなることがあります。

これは、振動部分が上の図のように、ほぼ定常波になるからです。
定常波については、簡単に言うと、波長や振動数が一定になるとでも言いましょうか。

うなりの振動2

さらに、風を強く受けると、もう一度、音の高さと大きさが変わり、同じ定常波でも、上の図「定常波2」のような振動になります。
ただし、すべてのうなりがこうなるわけではありません。

そこで、私としては、このように、うなりの音が2回変わることのできることを、よく鳴るうなりの1つの基準にしています。

このような振動部の動きは、凧を揚げていたのではなかなか見ることはできません。
トラックなどの車に乗るか、船に乗って、うなりを鳴らせていると見ることができます。

ただし、車に乗って普通の道を走るとものすごい音がするので、迷惑にならないように気を付けて下さい。車のキャリアーに付けて走ると、車体全体が共振して、車内が凄い音になります。
迷惑にならないように、くれぐれもご注意を!


うなりの弓

うなりの弓(メンダケ)

凧の「うなり」の振動部(テープ)を張るための、弓の部分についてのお話をします。

凧に付けるのですから、できるだけ軽くてコシの強い物を使います。
籐のうなりを使っていたときは、枯れたメンダケを半割にした物を使っていました。
丸竹でも良いのですが、あまり強い弓に、籐のうなりをかけると、すぐに切れてしまいます。

しかし、合成樹脂のテープを使い始めると、切れる心配が少なくなりました。
そのため、音がよく出るように、強い弓を使うようになりました。

写真の弓は、メンダケの丸竹を使っています。
さらに、火であぶって、強度を出しています。熱をかけた所が、縞模様になっていますが、これは、らせん状に熱をかけているためです。
釣り竿のように、節を抜いて焼くわけではないので、竹が破裂しないように、らせん状に熱をかけます。このときに、竹の曲がりも矯正していきます。
凝った物になると、このあと、表面を紙ヤスリでこすって、合成漆などを塗ることもあります。

最近は、カーボンパイプをよく使います。
曲がりを直したり、重さのバランスを取ったりしなくてすむので、簡単に作れます。それに、なんと言っても、軽いことが一番です。

ただし、よく鳴らすための弓のバランスですが、
均一な棒よりも、端の方が細い(弱い)物の方がいいようです。
これは、音をよく出すためだけではなく、風が強いときに、凧のバランスを崩さないためにも役割を果たしているようです。

うなりに使うテープ

うなりに使うテープ

うなりに使うテープです。

上側のテープは、
A:お寿司とかケーキを買った時に包装に使うテープです。
下段の左から
B:梱包用のPPバンド(表面に凹凸がある)
C:印刷物をパレット積みするときによく使われるPEバンド
D:PPのフイルムテープの粘着剤が付いていない物
E:籐を薄く剥いだ物

どれも多くの人が使っているまたは、使ったことがある物ばかりではないでしょうか。
以前はAのテープをよく使いました。いろいろな厚さのものがあり、紙のテープもありました。

この中で、どれが一番良く鳴るかと言うことですが。

結論から言うと、どれもよく鳴ります。
ただし、このままで使って音がでるのは、AとEぐらいですが、よく鳴らそうと思うと、さらに加工が必要です。
それ以外は、このままでは、音が出ません。

うなりのテープは、うなりの長さや材質に合わせて、幅と薄さを調整しなければなりません。

AとDのテープは幅をもう少し細くします。
BとCのテープは厚さもあるので、幅を細く切って、紙ヤスリなどで薄くしていきます。(特にCテープが一番加工に手間がかかるので、今ではほとんど使っていません)
Eの籐は、幅を変えることができないので、厚いときだけ、紙ヤスリで薄くします。

私が、今よく使っているのは、Dのテープです。
写真の物は、厚さが75ミクロンのPP(ポリプロピレン)フイルムです。
1mを超えるうなりにはこの厚さがいいようです。
短いうなりには、もっと薄い物を使います。

うなりの音は一人占め

うなりは鳴っているのだが

凧にうなりを付けかどうかは、地域によって異なります。
私の故郷の香川県では、ほとんどの凧にうなりを付けます。

うなりを付ける地域の凧揚げ大会に行くと、うなりの音が会場に鳴り響きます。
ところが、不思議なことに、よく鳴っている凧があると、その凧が1枚だけで音を出しているように聞こえるのです。
音の一人占めとでも言えましょうか。

そうなると、誰もが、どうしても他の人よりも、よく鳴るうなりを作りたいと思ってしまいます。その結果、うなりを鳴らすための技術や知識が、秘密事項になってしまうことがあります。そういう経験をしたのは、私だけではないのではないでしょうか。

特に、振動部のテープに何を使うかが重要なポイントとなっています。
私も、このテープを探すために、これまで多くの時間とお金をかけました。(実際はそれだけではないのですが)
現在も、この振動部の素材については、研究中です。

そして、産業の発展と共に、いろいろな素材が開発され、テープだけでなく、うなりに使う素材も変わってきました。そうすると、さらに研究を深めれば、もっと良くなるうなりが作れるのではないかと思っています。

うなりの部材

うなりの部材

うなりを構成する部材です。
弓の部分となる棒、枕、振動部分のテープ の3点です。

弓は、写真ではメンダケの丸竹を使っています。
以前は、メンダケの半割りを使っていました。それは、振動部のテープを、籐を薄く削った物を使っていたので、強い弓だとすぐに切れてしまうからです。
今は、強い物を使っているので、よく鳴らすために、弓も強くなってきました。
また、弓の両端部は、枕を差し込むために、削っています。
竹は、元の方が太く、末の方が細くなっているので、両端の削り方が違ってってきます。
弓のちょうど真ん中で、重さのバランスがとれるように、元の方を多く削るようになります。
さらに、今では竹だけでなく、カーボンやグラスファイバーのパイプで作ることもできます。カーボンパイプを使うと、かなり軽いうなりが作れます。

枕は、鋸で切り目を入れ、くり抜いて作ります。弓が強くなった分、割れやすくなるので、糸を巻いて補強します。

そして、テープですが、これについてはまたの機会にしたいと思います。
メインメニュー
・目次ページ
・お役立ち情報館
・凧作り資材館
・凧の本・書籍の紹介
・相互リンク募集
・お問い合わせ
目 次
ブログ内検索
サイト内を語句で検索
最近の記事
最近のコメント
プロフィール
お気に入り追加
お気に入りに追加!
にほんブログ村 趣味ブログへ
新宿不動産
ワノコト -和風な暮らしコミュニティ-
ジャンボ宝くじの当選番号
四国徳島 健心流
リゾートバイトをお探しの方はこちら
enjoy-resoba.com
POSレジ導入をお考えの方はこちらをチェック
rentalpos-hikaku.com
メンズ脱毛のランキングNo.1!
www.ourchancetogive.org
aga治療東京編
aga-osusume.info
ホットヨガを始めるならこちらをチェック
gendai-yoga.com
銀座で美容整形クリニックを探すならこちら
gnzcosmeticsurgery.net
パーティードレスの通販サイトはこちら
dresspros.info
金属3Dプリンターをご利用ならこちらをチェック
metal3dphikaku.net
リゾートバイトを探すならこちら
resortworks-kuraberu.net
交通事故専門の弁護士をお探しならこちら
tal-lawyer-rank.com
その他
QRコード
qrcode