凧は空に浮かぶ手作りのオブジェ。自然が引く凧糸の感触。手の届かないところで織り成す微妙なバランス。凧作りの奥深さは人を惹きつけるものがあります。

凧糸を伝って上がる「フータン」

風に乗って揚がっていくフータン

鳴門の凧揚げ大会でも、風弾(フータン)を揚げていました。

凧糸を伝って、揚がっていきます。そして、上まで行くと、自然に羽根を閉じて降りてきます。
単に凧を揚げるだけでなくて、さらに遊び心を刺激するものです。

凧作りも、作者がいろいろと工夫を凝らしてつくるのと同じように、フータンも素材や構造、機能性など、作者の研究の成果と工夫が込められています。
そこにも、物作りのよさが感じられました。

フータン(風弾)の構造1

フータン(風弾)の構造2

このフータンは、しっかりした構造ながら、軽い風でも揚がっていきます。
そして、重心を低くしているので、降りてくるときもスムーズに気持ちよく下ってきます。

すべて竹を加工して、細かなところにもこだわりを持って作られています。
作者の技術力の高さが伺えました。

中国のフータン(風弾)

中国の風弾(表から)

中国で買った風弾(フータン)です。
鮮やかな色遣いと、細かな竹の細工が中国らしいです。

中国の濰坊(いぼう)の凧メーカーを見学に行ったときに、見つけて買った物です。
向こうの会社の会長さんと話している内に気にいって買うことにしました。
話すと行っても、相手は中国語だし、私は中国語は分からないので英語混じりの日本語でした。でも、凧という限られた話題での話であり、身振り手振りを加えてなんとか通じたと思います。
このときは、フータンだけでなく凧について、たくさんのことを聞くことができました。

中国の風弾(裏)
フータンの前側(登っていくときに、凧の側)から見た画像です。

この手のフータンの原理は、糸を伝わって上に登り、糸目の結び目やストッアーの所まで行くと、羽根を引っぱっている糸が外れるというものです。

その糸をどう外すかというのが、それぞれ工夫しているところです。

このフータンは前側(登っていくと凧側)にフォークのような棒が出ています。それが障害物に当たると、てこの原理で羽根を引っぱっている糸を引っかけている棒が外れるようになっています。

この仕掛けは、話してくれた会長さんが考えたと言っていました。さらに、簡単にセットできると自慢していたようです。(中国語が分からないので、多分そうだと思います。)

たしかに、日本でこれと同じ仕掛けで作っているフータンを私は見たことがありませんでした。
それで、このフータンの構造が気に入ったので持って帰ることにしたわけです。かなり参考にさせていただきました。

羽振風弾(はびるふうたん)

典型的な風弾

羽振風弾(はびるふうたん)または胡蝶風弾とも書くようです。
沖縄で大きな凧を揚げたときに付けるものです。

揚げ糸に沿って、上がっていき糸目の所(または、ストッパーを付けた所)まで行くと、羽根を閉じて降りてきます。

このような仕掛けは、沖縄に限らず、多くの愛好家の方が作っておられます。また、海外でも見かけます。

羽振風弾図面

風弾の図面です。上の写真の風弾の図面ではなく、広井先生の「凧ー空の造形」に掲載されたものに加筆しました。
凧の揚げ糸を風弾に通したときは、上の右図でいえば、右側に凧がくるようになります。
つまり、風弾は風を受けて左から右に揚がっていくようになります。

羽根が閉じる原理は、
右図の右側の螺旋(らせん)が糸目の結び目(ストッパー)にぶつかると、螺旋の付いた棒はそこで止まります。しかし、羽根の付いた本体全体は風の力でさらに上(図の右)に進みます。そこで、手前(図の左)に付いている弓なりの竹がはずれ、羽根を引っぱっていた糸がはずれます。それで、羽根がたたまれて、すべり落ちていくというものです。

なかなか粋な細工物ではないでしょうか。
私もいくつか作ったことがありますが、単純な仕掛けだけに、ちょっとした工夫で上手く閉じてくれるようになります。
またバランスよくつくらないと、蝶が真っ直ぐに上を向かなくなり、揚がり降りがスムーズに行かないときがあります。
図面の風弾は、羽根の取り付け位置が、写真の物より上になっています。写真の風弾のように少し重心を下げる方が安定がいいようです。

凧は、ただ揚げるだけでなく、うなりを付けて音を出したり、風弾を付けたりと、いろいろなものでさらに楽しみを付け加えることができます。

また、凧の揚げ糸に付けて楽しむ物は、まだまだたくさんあります。
それは、またの機会ということにさせていただきます。

凧糸を登る傘

傘の風箪

前回の古文書の凧糸を登る傘のようなものを、実際に復元した物です。
風の力で、凧糸を登っていきます。途中で、ストッパーを凧糸に付け、それ以上登らないようにしています。

そしてこの傘は、そのストッパーの所まで行くと、傘が閉じて、自然に降りてくるようになっています。

沖縄では、蝶の形をしたもので、このように凧糸を昇っていき、行き着くと自動的に羽が閉じて降りてくる物があります。
それを風弾(ふうたん)と言っていました。
又、中国にも同じような物がありました。

この傘のような物を何と言ったかは分かりません。
私は、このように、凧糸を伝わって上がっていく物を、すべて「ふうたん」と呼んでいます。(他に言葉が見つからないので)
ただ、欧米の凧にも同じような物があり、それは違った言い方をしていました。

傘の風箪の構造

反対側から見るとこうなっています。
なかなか、手の込んだ作りでした。

これに、紙吹雪を仕込んで、上で傘が閉じると同時に、紙吹雪が舞うようにすることができます。
この日は、それでかなり遊ぶことができました。
メインメニュー
・目次ページ
・お役立ち情報館
・凧作り資材館
・凧の本・書籍の紹介
・相互リンク募集
・お問い合わせ
目 次
ブログ内検索
サイト内を語句で検索
最近の記事
最近のコメント
プロフィール
お気に入り追加
お気に入りに追加!
にほんブログ村 趣味ブログへ
新宿不動産
ワノコト -和風な暮らしコミュニティ-
ジャンボ宝くじの当選番号
四国徳島 健心流
リゾートバイトをお探しの方はこちら
enjoy-resoba.com
POSレジ導入をお考えの方はこちらをチェック
rentalpos-hikaku.com
メンズ脱毛のランキングNo.1!
www.ourchancetogive.org
aga治療東京編
aga-osusume.info
ホットヨガを始めるならこちらをチェック
gendai-yoga.com
銀座で美容整形クリニックを探すならこちら
gnzcosmeticsurgery.net
パーティードレスの通販サイトはこちら
dresspros.info
金属3Dプリンターをご利用ならこちらをチェック
metal3dphikaku.net
リゾートバイトを探すならこちら
resortworks-kuraberu.net
交通事故専門の弁護士をお探しならこちら
tal-lawyer-rank.com
その他
QRコード
qrcode