凧は空に浮かぶ手作りのオブジェ。自然が引く凧糸の感触。手の届かないところで織り成す微妙なバランス。凧作りの奥深さは人を惹きつけるものがあります。

<< 紙うなり | main | 紙うなり経過報告2(振動の仕方) >>

紙うなり経過報告1(素材)

簡単に作れて、凧に音が出せるようにと思って紙うなりを作っています。

凧の大きさは、縦60センチ、横40センチの角凧です。
この大きさに限定して、音の出る物をいろいろと試しています。

台形に切った紙やポリシートを角凧の反り糸に付けて、風の力で振動させて音を出すのですが、音の出方にはいろいろと奥があるようです。

紙うなりの実験

まず凧に付けたうなりの音は、うなり自体の音だけでなく、うなりの振動が凧に伝わって、凧全体が振動して出す音です。

従って、よく共鳴する凧を作ることもポイントとなります。
しかし、今回は、凧の性能についてはひとまずおいておくことにします。

凧作り教室などで作る小さな角凧に、どんな物をつければ音が出るかということを追求することにします。

上の写真のように、竹の骨に反り糸を付けて、それにいろいろな物を付けて鳴らしてみました。

その中で、よさそうな物を凧に付けて揚げていきました。

まず形と大きさですが、下のような大きさの物がいいようです。

紙うなりのサイズ

縦の幅は50から65とありますが、鳴らす素材によって変わってくるからです。(最終的にはこの幅がいい、という数字を出したいと思います。)

では、使う素材についてです。

初めは、紙で試してみました。
ハトロン紙、コウゾ和紙、純白ロール、奉書紙・・
厚い物はほとんど鳴りませんでした。使ううちにだんだんと薄く、柔らかい物へと移っていきました。

それで、ポリシート、フイルムで試すことに・・

使ったシートは、
PE、PP、OPP、スチレン・・

要するに、厚くて重いものは、振動させるために多くの風のエネルギーが必要なので鳴りにくい。

しかし、薄く柔らかい物では、大きな振動が得られにくいのです。

この中で比較的よかったのが、PP(ポリプロピレン)のシートで厚さが40ミクロン(0.04ミリ)のものです。

付ける凧が小さいだけに、硬かったり、重い物は強く風を受けないと鳴り始めません。

それと、PP40ミクロンのシートを付けるのは、幅45ミリの梱包用の透明なフイルムテープです。

これを二つに折って、反り糸とうなりのシートを挟むようにして貼り付けます。

つまり、糸に付いている方は、フイルムテープの厚さ分厚くしっかりしているわけです。
そして、先の方は、PPシートだけのやわらな部分になります。

この、根本がしっかりしていて、端の方が柔らかいのが、少ない風で鳴り始めて、やがて強く振動するのに適しているようです。

これを反対にして、端の方にフイルムテープを貼って強くし、糸に取り付けるのを、セロテープを半分に折って貼り付けると、

振動は大きいのですが、鳴り始めが遅いのと、振動が音として出にくいようです。

ここで、一つの壁に当たりました。

PP(ポリプロピレン)の40ミクロンの袋、またはシートというのがなkなかないのです。

市販されているのはほとんどがPE(ポリエチレン)です。
それも、大半は薄い物ばかりです。

PPの袋は、ポリ袋を入れる包装用に使われています。

手に入りにくい物では、誰でも手軽に作れるうなりにはなりません。
もっと身近にある素材で、音を出せるものを見つけるのが課題として残ってしまいました。

もう少し、調べていきたいと思います。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
メインメニュー
・目次ページ
・お役立ち情報館
・凧作り資材館
・凧の本・書籍の紹介
・相互リンク募集
・お問い合わせ
目 次
ブログ内検索
サイト内を語句で検索
最近の記事
最近のコメント
プロフィール
お気に入り追加
お気に入りに追加!
にほんブログ村 趣味ブログへ
ワノコト -和風な暮らしコミュニティ-
ジャンボ宝くじの当選番号
四国徳島 健心流
リゾートバイトをお探しの方はこちら
enjoy-resoba.com
介護求人情報をお探しの方はこちら
helper-hikaku.net
メンズ脱毛のランキングNo.1!
www.ourchancetogive.org
aga治療東京編
aga-osusume.info
ホットヨガを始めるならこちらをチェック
gendai-yoga.com
銀座で美容整形クリニックを探すならこちら
gnzcosmeticsurgery.net
パーティードレスの通販サイトはこちら
dresspros.info
金属3Dプリンターをご利用ならこちらをチェック
metal3dphikaku.net
リゾートバイトを探すならこちら
resortworks-kuraberu.net
交通事故専門の弁護士をお探しならこちら
tal-lawyer-rank.com
その他
QRコード
qrcode