凧は空に浮かぶ手作りのオブジェ。自然が引く凧糸の感触。手の届かないところで織り成す微妙なバランス。凧作りの奥深さは人を惹きつけるものがあります。

<< 関西地区凧揚げ会(京都)ー3 | main | 盤鷹(パンイン) >>

ゴミ袋で作る紙うなり

小さな角凧に紙うなりを付けて音を出したいと考えて、いろいろな素材で試してみました。

できるだけ身近にあり、入手が容易なもので作りたいということが目標でもありました。

紙うなりといっても、実際はポリシートで作ります。
大きな凧に付けるなら、梱包用のフイルム粘着テープを貼り合わせて付ければよいと思います。

しかし、縦60センチ程度の小さな角凧では、厚かったり、しっかりした物になると振動しません。

そこで、どこにでもあるゴミ袋を使って凧のうなりをつくるなら、

PE(ポリエチレン)の袋で、厚さが 0.03ミリのものがいいようです。

それを下の図のサイズに切って、端の方にセロテープを貼ります。

うなりのサイズ

この、端にセロテープを貼っておくというのがポイントで、これで振動が起こりやすくなります。

セロテープは、始めに位置を決めて貼っておいて、後から全体をカットする方がしやすいと思います。

それと、セロテープを貼るときに、テープを引っ張って貼ると後から縮んでしわになります。(それでも音は鳴りますが・・)

紙うなりの付け方

こうして切った物を、凧の反り糸に付けます。

付けるのは、梱包用のフイルムテープです。
このフイルムテープの厚さが加わって全体として音が出やすくなります。

大きな凧だとテープを何枚か重ねて貼りますが、このサイズの紙うなりの場合は1回で十分です。

下の写真は、見やすくするためにハトロン紙を使っていますが、茶色いハトロン紙の代わりに前述したポリシート(ゴミ袋)で作ったうなりを付けます。

紙うなり
透明では写真にした時にわかりにくかったので、付けたときの様子がわかればと思って上の写真を掲載いたしました。(ハトロン紙では鳴りにくかったので、ポリシートにセロテープを貼ったうなりをおすすめします。)

津軽凧に付けられているブンブ(紙うなり)は、もっとしっかりした物で、全体が大きく振動します。
津軽凧の太鼓のような構造と相まって、ヘリコプターが飛んでいるような迫力のある音がします。

小さな普通の角凧に付ける紙うなりでは、津軽凧のブンブほどの音は望めませんが、できるだけ音が出るように工夫したつもりです。

簡単に作ることができるので、音が出る凧というのを体感していただけたらと思います。

また、弓にテープを張って鳴らすうなりももっと簡単にできないか、と思っています。
それは、今後の課題ということで・・・
コメント
今回は小さな角凧なので、そう大きな音はでません。凧も普通の角凧なので共振も少ないようです。でも、風が振動を起こして音が出ている感触はあると思います。
また、他にも音の出せる方法を考えてみたと思っています。
武蔵野中央公園は「うなり禁止」が暗黙のルールのようです。しかし以前から「うなり」には大変、興味があります。小さな凧でも「うなり」ができることを証明された今回の成果はスバラシイと思います。今後、試してみようと思っています。
やってみたいなー
  • up
  • 2009/09/05 11:01 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
メインメニュー
・目次ページ
・お役立ち情報館
・凧作り資材館
・凧の本・書籍の紹介
・相互リンク募集
・お問い合わせ
目 次
ブログ内検索
サイト内を語句で検索
最近の記事
最近のコメント
プロフィール
お気に入り追加
お気に入りに追加!
にほんブログ村 趣味ブログへ
ワノコト -和風な暮らしコミュニティ-
ジャンボ宝くじの当選番号
四国徳島 健心流
リゾートバイトをお探しの方はこちら
enjoy-resoba.com
介護求人情報をお探しの方はこちら
helper-hikaku.net
メンズ脱毛のランキングNo.1!
www.ourchancetogive.org
aga治療東京編
aga-osusume.info
ホットヨガを始めるならこちらをチェック
gendai-yoga.com
銀座で美容整形クリニックを探すならこちら
gnzcosmeticsurgery.net
パーティードレスの通販サイトはこちら
dresspros.info
金属3Dプリンターをご利用ならこちらをチェック
metal3dphikaku.net
リゾートバイトを探すならこちら
resortworks-kuraberu.net
交通事故専門の弁護士をお探しならこちら
tal-lawyer-rank.com
その他
QRコード
qrcode