凧は空に浮かぶ手作りのオブジェ。自然が引く凧糸の感触。手の届かないところで織り成す微妙なバランス。凧作りの奥深さは人を惹きつけるものがあります。

<< 簡単六角凧の作り方1 | main | 簡単六角凧の作り方2 >>

竹の曲がりを直す

凧を作る場合、大切なのは左右のバランス(対称性)です。

市販の竹ヒゴや手割りの竹を骨として使うとき、左右が同じように曲がる骨にしなければなりません。

そんなに厳密な精度は必要ありませんが、竹を曲げてみて、見た目できれいなカーブを描くような竹を使います。

たとえば、「六角凧」や「ごんぼいか」では、縦の骨はいびつに曲がってもかまいませんが、横骨はきれいに左右対称に曲がる骨を使います。

しかし、市販の竹ヒゴでは、そううまく曲がる竹ばかりではありません。

そこで、いびつに曲がる竹は、手で直していきます。



所定の長さに切った骨を一度曲げてみます。

竹の皮を外側にするか内側にするかは、たこによって違うので、凧に貼るときと同じようにして曲げます。
(たとえば、1本糸目の六角凧の場合は、皮にノリを付けて貼るので、皮の方を外に向けて曲げます。)

曲げてみると、竹の強いところと柔いところがわかると思います。

そこで、竹の強いところだけをぎゅっと力を入れて曲げて弱くします。
強く曲げることで、竹の繊維を切り、その部分だけ曲がりやすく(弱く)します。

こうすると、市販の竹ヒゴでも無駄なく使えます。

自分で割って作った骨も、最後の調整はこの方法でするとかなりの時間短縮になります。

ただ、慣れていない場合は、いろんな所が気になって、あっちこっちと曲げて、時間がかかってしまいます。
それに、骨がだんだん弱くなってしまいます。

あまり神経質にならず、「だいたいこんなもんだろう。」というぐらいで止めておくことです。

多くの場合、凧はいろんなことでバランスを取るようにできていますから、多少の差は緩和させます。

しかし、この方法で、横骨の対称性を作るのと、作らないのとでは凧がまっすぐに上がる確率が大きく変わってきます。

市販の竹を使って凧を作る場合、特に「六角凧」の横骨や「ごんぼいか」など横骨のある凧を作るときは、横骨だけはこの方法で左右対称を作っていくことがおすすめです。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
メインメニュー
・目次ページ
・お役立ち情報館
・凧作り資材館
・凧の本・書籍の紹介
・相互リンク募集
・お問い合わせ
目 次
ブログ内検索
サイト内を語句で検索
最近の記事
最近のコメント
プロフィール
お気に入り追加
お気に入りに追加!
にほんブログ村 趣味ブログへ
ワノコト -和風な暮らしコミュニティ-
ジャンボ宝くじの当選番号
四国徳島 健心流
リゾートバイトをお探しの方はこちら
enjoy-resoba.com
POSレジ導入をお考えの方はこちらをチェック
rentalpos-hikaku.com
メンズ脱毛のランキングNo.1!
www.ourchancetogive.org
aga治療東京編
aga-osusume.info
ホットヨガを始めるならこちらをチェック
gendai-yoga.com
銀座で美容整形クリニックを探すならこちら
gnzcosmeticsurgery.net
パーティードレスの通販サイトはこちら
dresspros.info
金属3Dプリンターをご利用ならこちらをチェック
metal3dphikaku.net
リゾートバイトを探すならこちら
resortworks-kuraberu.net
交通事故専門の弁護士をお探しならこちら
tal-lawyer-rank.com
その他
QRコード
qrcode