凧は空に浮かぶ手作りのオブジェ。自然が引く凧糸の感触。手の届かないところで織り成す微妙なバランス。凧作りの奥深さは人を惹きつけるものがあります。

<< ゴミ袋・レジ袋で作る簡単ぐにゃぐにゃ凧の作り方ー2 | main | 凧作り教室 >>

凧の糸目の束に揚げ糸を結びつける方法

凧の糸目の束に揚げ糸を結びつける方法を紹介します。

小さな凧で、糸目が少ないときは、端をくくるだけでいいのですが、何本もある糸目を束にした場合は、その後どうすればよいかというこです。

凧を揚げるには、揚げ糸をくくり付けなければなりません。

そのための簡単な方法を紹介します。

糸目の束に揚げ糸を結びつける1

一つは、上の画像のように、糸目の束に輪っかを作る方法です。

画像の左が糸目の束で、右が揚げ糸になります。

揚げ糸のくくり方は、いろいろありますが、私がよくしている、ほどけやすい方法でしてみました。

この揚げ糸のくくり方は、こちらをご参照下さい。
「糸の結び方 揚げ糸を付ける」

輪っかを作る結び方はコレです。

糸目の束に輪を作る

この方法だけだと輪っかになった糸がバラバラになります。

そこで1,2箇所くくっておくというのもあります。

または、三つ編みにするとか、縄を綯う(なう)ように綯っていく方法もあります。

私は、綯ってから輪を作ります。


他には、単純に端に結び目を作るだけでも大丈夫です。

糸目の束に揚げ糸を結びつける2

とりあえず試し揚げをするときは、この方法をよく使います。

このときも、糸目の束の端をくくるときに、三つ編みにするか、綯って結ぶとしっかりします。

また、このとき揚げ糸の結び方は、上記の画像のようにではなく、他の結び方が便利です。

参照>>「糸の結び方 ラークヘッドノット」

この方法では、揚げ糸に輪っかを作っていないといけないので、揚げ糸の端と凧の糸目の端が同じ仕様の組み合わせにしないといきません。

それで、汎用性のある揚げ糸に輪を付けない方法で、私はよく結びます。


糸目糸の処理の仕方は他にもあります。また、揚げ糸のくくり方もいろいろあります。

その中で、簡単なものとして紹介させていただきました。
コメント
凧男さん、お久しぶりです。
ちょっと休憩のつもりが、仕事が忙しくなって長く休憩しておりました。
その間もいろいろご質問を頂き、それで記事アップに至りました。
皆様に感謝するばかりです。
わっわっわっ…お帰りなさい…と言えば良いのでしょうか?半年ぶりの更新で驚きました。お体でもこわされたのかと心配していました。これからも楽しみに見せていただきます。糸の結び方…凧男が一番苦手なものです。大変、参考になりました。ありがとうございます。
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
メインメニュー
・目次ページ
・お役立ち情報館
・凧作り資材館
・凧の本・書籍の紹介
・相互リンク募集
・お問い合わせ
目 次
ブログ内検索
サイト内を語句で検索
最近の記事
最近のコメント
プロフィール
お気に入り追加
お気に入りに追加!
にほんブログ村 趣味ブログへ
ワノコト -和風な暮らしコミュニティ-
ジャンボ宝くじの当選番号
四国徳島 健心流
リゾートバイトをお探しの方はこちら
enjoy-resoba.com
介護求人情報をお探しの方はこちら
helper-hikaku.net
メンズ脱毛のランキングNo.1!
www.ourchancetogive.org
aga治療東京編
aga-osusume.info
ホットヨガを始めるならこちらをチェック
gendai-yoga.com
銀座で美容整形クリニックを探すならこちら
gnzcosmeticsurgery.net
パーティードレスの通販サイトはこちら
dresspros.info
金属3Dプリンターをご利用ならこちらをチェック
metal3dphikaku.net
リゾートバイトを探すならこちら
resortworks-kuraberu.net
交通事故専門の弁護士をお探しならこちら
tal-lawyer-rank.com
その他
QRコード
qrcode