凧は空に浮かぶ手作りのオブジェ。自然が引く凧糸の感触。手の届かないところで織り成す微妙なバランス。凧作りの奥深さは人を惹きつけるものがあります。

<< 糸目のバランスと凧の回転(角凧) | main | 糸目のバランスと凧の回転(ぐにゃぐにゃ凧) >>

糸目のバランスと凧の回転(六角凧・奴凧)

 糸目のバランスが崩れていると凧は回ってしまいます。

糸目が原因で凧が回るとき、その回り方は凧の構造によって異なります。

今回は、六角凧や奴凧などの場合に、左右の糸目の差が凧をどのような原理で回転させるかを説明します。

奴凧も六角凧も2本の横骨で翼面を作っています。

六角凧と

この構造が、回転方向を決めることになります。

上図の赤丸が糸目の位置ですが、この2本の内、右の糸目の方が短いとします。

このとき凧は、左に回転します。

角凧の場合は、右に回ったものが(参照>>「角凧」)、奴凧や六角凧では逆の左に回ってしますのです。

では、六角または奴凧の2本の横骨で作られる翼面がどう変化するかを示します。

六角凧に作用する力

上の画像のように、右の糸目が短いと右側の上部が手前に来てしまします。

それにより、右の方が、左よりも揚力を強く発生します。

この揚力の差により、右が上がろうとして、左に回転するわけです。


したがって、六角凧や奴凧が左に回る場合は、左の糸目を短くしてみるのです。
(右に回るときは、右の糸目を短くする。)


このように、角凧と六角凧では回転の原理が違っています。
それは、凧の構造によって翼面の変化の仕方が変わってくるからではないでしょうか。

では、教材としてよく作られる、「ぐにゃぐにゃだこ」はどうでしょうか。

つづく
コメント
コメントする









メインメニュー
・目次ページ
・お役立ち情報館
・凧作り資材館
・凧の本・書籍の紹介
・相互リンク募集
・お問い合わせ
目 次
ブログ内検索
サイト内を語句で検索
最近の記事
最近のコメント
プロフィール
お気に入り追加
お気に入りに追加!
にほんブログ村 趣味ブログへ
新宿不動産
ワノコト -和風な暮らしコミュニティ-
ジャンボ宝くじの当選番号
四国徳島 健心流
リゾートバイトをお探しの方はこちら
enjoy-resoba.com
POSレジ導入をお考えの方はこちらをチェック
rentalpos-hikaku.com
メンズ脱毛のランキングNo.1!
www.ourchancetogive.org
aga治療東京編
aga-osusume.info
ホットヨガを始めるならこちらをチェック
gendai-yoga.com
銀座で美容整形クリニックを探すならこちら
gnzcosmeticsurgery.net
パーティードレスの通販サイトはこちら
dresspros.info
金属3Dプリンターをご利用ならこちらをチェック
metal3dphikaku.net
リゾートバイトを探すならこちら
resortworks-kuraberu.net
交通事故専門の弁護士をお探しならこちら
tal-lawyer-rank.com
その他
QRコード
qrcode