凧は空に浮かぶ手作りのオブジェ。自然が引く凧糸の感触。手の届かないところで織り成す微妙なバランス。凧作りの奥深さは人を惹きつけるものがあります。

<< 糸目のバランスと凧の回転(解答編) | main | 前進翼の凧 >>

凧作り教室(ダイヤ5連凧)

 今年の凧作り教室では、ダイヤ型の5連凧を作りました。

24時間テレビの連凧作りが後を引いているのか、子ども達にも連凧の雰囲気を味わってもらいたくなりました。

たくさんの凧を連ねるわけにはいかないので、5連凧にしました。

このくらいなら、子どもでも時間内に作ることができるなとと思いました。

それと、引く力も少ないので、安全で凧糸も普通の凧糸で十分です。

ダイヤ5連凧

当初は、5枚の内、手元の1枚だけ絵を描くことにしていましたが、当日は雨。

時間に余裕ができたので5枚すべてに絵を描いてもらいました。

しかしこれが失敗。」絵を描くために、かなりの時間が費やされました。

もし絵を描かなければ、5枚の凧を作って、糸を通し、連凧に完成させるのに1時間はかからなかったでしょうか。

凧作り教室2012

ポリシートにセロテープで骨を貼り付けるので、作るのはいたって簡単です。

ダイヤ型連凧の作り方はこちらのページをご参照下さい。
「連凧の作り方」


この日は、朝まで雨が降り、グラウンドが使えませんでした。

そこで、凧作りを行ったホールで、走って揚げてもらいました。

連凧は弱風用の凧なので、小さな子ども達が走っても十分に上がります。

天井の照明灯を割らないかと冷や冷やものでしたが・・・


連凧を揚げるときの注意点は、揚げ始めるときに凧をもつらさないことです。

たった、5枚ですが、1枚1枚丁寧に凧を伸ばして、5連が真っ直ぐに伸びたところで引っ張ります。

それと、揚げた後も、凧が絡まないように、真っ直ぐにどこに向かって行くかを伝えておかなければなりません。


連凧は、簡単に作れて、けっこう見栄えがいいので小さな子どもから大人まで楽しめたようです。

空に揚げられなかったのは残念ですが・・・
コメント
私も絵を描くのが苦手なので子供たちも絵を描くのに時間がかかるのは理解できます。
絵の得意な子はすぐに仕上がりますが不得手な子はいつまでたっても仕上がらないんですよね。

雨が降ったら屋内で凧揚げが出来る場所があると最高ですが 以前ホールの遊具を動かして・・・と言う所があって苦労したことがあります。
連凧は本当に見栄えがあって良いですね。
コメントする









メインメニュー
・目次ページ
・お役立ち情報館
・凧作り資材館
・凧の本・書籍の紹介
・相互リンク募集
・お問い合わせ
目 次
ブログ内検索
サイト内を語句で検索
最近の記事
最近のコメント
プロフィール
お気に入り追加
お気に入りに追加!
にほんブログ村 趣味ブログへ
新宿不動産
ワノコト -和風な暮らしコミュニティ-
ジャンボ宝くじの当選番号
四国徳島 健心流
リゾートバイトをお探しの方はこちら
enjoy-resoba.com
POSレジ導入をお考えの方はこちらをチェック
rentalpos-hikaku.com
メンズ脱毛のランキングNo.1!
www.ourchancetogive.org
aga治療東京編
aga-osusume.info
ホットヨガを始めるならこちらをチェック
gendai-yoga.com
銀座で美容整形クリニックを探すならこちら
gnzcosmeticsurgery.net
パーティードレスの通販サイトはこちら
dresspros.info
金属3Dプリンターをご利用ならこちらをチェック
metal3dphikaku.net
リゾートバイトを探すならこちら
resortworks-kuraberu.net
交通事故専門の弁護士をお探しならこちら
tal-lawyer-rank.com
その他
QRコード
qrcode