凧は空に浮かぶ手作りのオブジェ。自然が引く凧糸の感触。手の届かないところで織り成す微妙なバランス。凧作りの奥深さは人を惹きつけるものがあります。

<< リング状糸巻き 1 | main | 鳥凧の実験 >>

リング状糸巻 2

 リング状(円形)の糸巻の紹介です。

リング状の糸巻は1回巻いたときに巻きとれる糸の長さが長くなるのが特徴です。

板状の糸巻だと、1回巻いたときに巻きとれる糸の長さは、糸枠の幅の約2倍です。

円形の糸巻だと、直径の約3倍の長さの糸を巻くことができます。

前回紹介した糸巻きは大きな八角形になっているので1回転でかなりの長さの糸を巻くことができます。

また、昔からある六角形に組まれた糸巻も、同じように円形に近い形なので糸の出し入れが速く便利な糸巻きと言えます。
(参考記事:糸巻きー5

リングハンドル糸巻き

そこで、見つけてきたのが、これらの糸巻です。

リング状(円形)に成形された糸巻で、海外では市販されているものです。

持ちやすいく、平たいのでかさばらないので便利です。

ただ、巻き取る時は多少慣れが必要でしょうか。

回転式糸巻き

さらに、内側にベアリングを付けてリールのように巻き取ることができるものがあります。

これは、使いだすとかなり便利です。

写真の糸巻は、直径が22センチのものですが、かなりの長さの糸を巻くことができます。

操縦する凧を揚げるために買ったのですが、出し入れの速さから普通に揚げる凧にも使うようになりました。

この糸巻も、すでに日本でも販売されているようです。

巻きとりが速いだけでなく、木で組んだ六角形の糸巻に比べて場所を取らないのも魅力です。

私は、この糸巻に細くて強度が強い糸を巻いています。

普通に手で引っ張って揚げると、細い糸だといくら糸の強度があっても、手に食い込んだり、すべたりして揚げにくいのですが、この糸巻だと、直接糸に触れることがないので、強度のある細い糸で揚げることができます。

コメント
コメントする









メインメニュー
・目次ページ
・お役立ち情報館
・凧作り資材館
・凧の本・書籍の紹介
・相互リンク募集
・お問い合わせ
目 次
ブログ内検索
サイト内を語句で検索
最近の記事
最近のコメント
プロフィール
お気に入り追加
お気に入りに追加!
にほんブログ村 趣味ブログへ
ワノコト -和風な暮らしコミュニティ-
ジャンボ宝くじの当選番号
四国徳島 健心流
リゾートバイトをお探しの方はこちら
enjoy-resoba.com
介護求人情報をお探しの方はこちら
helper-hikaku.net
メンズ脱毛のランキングNo.1!
www.ourchancetogive.org
aga治療東京編
aga-osusume.info
ホットヨガを始めるならこちらをチェック
gendai-yoga.com
銀座で美容整形クリニックを探すならこちら
gnzcosmeticsurgery.net
パーティードレスの通販サイトはこちら
dresspros.info
金属3Dプリンターをご利用ならこちらをチェック
metal3dphikaku.net
リゾートバイトを探すならこちら
resortworks-kuraberu.net
交通事故専門の弁護士をお探しならこちら
tal-lawyer-rank.com
その他
QRコード
qrcode