凧は空に浮かぶ手作りのオブジェ。自然が引く凧糸の感触。手の届かないところで織り成す微妙なバランス。凧作りの奥深さは人を惹きつけるものがあります。

<< 風が弱いときの凧の糸目 その1 | main | 2014 たつの市凧あげ祭り その1 >>

風が弱いときの凧の糸目 その2

前回の記事の解答編です。

風が弱いとき、大きな凧や重い凧を揚げるための糸目の調整の仕方です。

迎角と揚抗比

正解はAの糸目の中心を上げて、風に対する凧の角度(迎角)を小さくします。

Aだと風に当たる面積が小さくなって、Bの方がよく風を受けるようになるので、Bのように凧を立てらせた方が少ない風の時はよく揚がると思われる方もいるようです。

しかし、実際はBのように凧を立てるように糸目を低くするとかえって揚がらなくなります。

その理由は、Aの方が、同じ力を凧が受けたときに揚力として、上方向に働く力がBよりも大きくなるからです。

基本的に、翼面積加重(単位面積あたりの重さ)が大きな凧(重い凧)ほど糸目の中心は上に来るようです。

例えば、凧にうなりを付けて揚げるときは、ないときよりも糸目の中心を上に上げます。

さらには、受ける風が強くなるほど、翼面に働く力の中心(合力)の位置は下に下がります。これは、水平に飛ぶ飛行機の翼とは全く逆になります。(ただし、翼面の変形は考えないとします。)

言い換えれば、弱い風の時は凧に働く力の中心が上になるというわけです。


今回の条件は、風が少なく大きな凧や重い凧が揚がらず、何とか空に浮かべたいというときです。

常に糸目を上にすると、しっかり風を受けたときはバランスが悪くなり、凧が回りやすくなります。

凧には、その凧や風に合った糸目の位置というのがありますから、無闇に糸目の中心を揚げるというのはかえってよくありません。

今回は、その場の弱い風で揚げるとという場合の対処法です。

ご参考にしていただけましたら幸いです。
コメント
コメントする









メインメニュー
・目次ページ
・お役立ち情報館
・凧作り資材館
・凧の本・書籍の紹介
・相互リンク募集
・お問い合わせ
目 次
ブログ内検索
サイト内を語句で検索
最近の記事
最近のコメント
プロフィール
お気に入り追加
お気に入りに追加!
にほんブログ村 趣味ブログへ
ワノコト -和風な暮らしコミュニティ-
ジャンボ宝くじの当選番号
四国徳島 健心流
リゾートバイトをお探しの方はこちら
enjoy-resoba.com
介護求人情報をお探しの方はこちら
helper-hikaku.net
メンズ脱毛のランキングNo.1!
www.ourchancetogive.org
aga治療東京編
aga-osusume.info
ホットヨガを始めるならこちらをチェック
gendai-yoga.com
銀座で美容整形クリニックを探すならこちら
gnzcosmeticsurgery.net
パーティードレスの通販サイトはこちら
dresspros.info
金属3Dプリンターをご利用ならこちらをチェック
metal3dphikaku.net
リゾートバイトを探すならこちら
resortworks-kuraberu.net
交通事故専門の弁護士をお探しならこちら
tal-lawyer-rank.com
その他
QRコード
qrcode