凧は空に浮かぶ手作りのオブジェ。自然が引く凧糸の感触。手の届かないところで織り成す微妙なバランス。凧作りの奥深さは人を惹きつけるものがあります。

<< 前進翼の鳥凧の図面訂正 | main | 凧作り教室、講習会について 1 (目的) >>

市販の竹を使っての凧作りのポイント

季節柄、全国各地で凧作り教室に参加される方、また、講師で行かれる方も多いと思います。

さらには、ご自分で凧を作られる方も多いのではないでしょうか。

そこで、ご自分で凧を作る、または、凧作りの材料を用意するときに、市販の竹を使う時のポイント(竹の加工の仕方)をお知らせします。

要は、市販の竹を適当な長さに切って、そのまま使うのではなく、多少矯正して使うということです。

市販の竹ひご

市販の竹は、削ってサイズを整えているために、真っ直ぐではありますが、強弱ができ、曲げたときにきれいなカーブを描いて曲がる竹が少ないのです。

それで、横骨として使うときは、左右対称になるように直してやらなければなりません。

その方法としては、竹ひごの強いところを手で曲げて、弱くしてやり、左右対称に曲がるようにします。

この方法は以前に記事で紹介しました。>>「竹の曲がりを治す」

縦の骨が1本の凧では、縦骨はきれいに曲がる必要はなく、特に弱いところがなければOKです。

しかし、横骨は左右対称でなくてはなりません。

ただし、精密機械を作るわけではないので、ほぼ左右対称ならOKです。

それと、左右対称であって、きれいなカーブを描く必要はありません。極端な話、くの字になっていても左右対称ならいいのです。

さらに、上の画像のように曲げてみて、確認するのですが、この場合、竹の真ん中付近の強弱は見てわかるのですが、左右の両端の強弱の差は意外とわかりにくいものです。

慣れれば、一度曲げただけで、全体の強弱が手の感触でわかりますが、慣れないうちは、端の方は別に曲げてみて強弱を調べるといいのではないでしょうか。

そしてもう一つの市販の竹の加工として、竹の厚さ(強さ)を調整することです。

例えば、六角凧なら、上の横骨に比べて、下の横骨を弱くしたいものです。

そんなときは、切り出しなどの刃物を使って、ほんの少し削ると、凧の性能が上がります。

この市販の竹の微調整(削り方)についても、以前に紹介いたしました。
>>「簡単な竹の削り方」

市販の竹ひごを使うと、簡単に凧を作ることができます。

そこで、市販の竹ひごを使うときに、もう一工夫していただくと、よく揚がる凧に仕上げることができます。

今年も、手作りの凧が、たくさん空に浮かぶことを願っています。
 
コメント
コメントする









メインメニュー
・目次ページ
・お役立ち情報館
・凧作り資材館
・凧の本・書籍の紹介
・相互リンク募集
・お問い合わせ
目 次
ブログ内検索
サイト内を語句で検索
最近の記事
最近のコメント
プロフィール
お気に入り追加
お気に入りに追加!
にほんブログ村 趣味ブログへ
ワノコト -和風な暮らしコミュニティ-
ジャンボ宝くじの当選番号
四国徳島 健心流
リゾートバイトをお探しの方はこちら
enjoy-resoba.com
介護求人情報をお探しの方はこちら
helper-hikaku.net
メンズ脱毛のランキングNo.1!
www.ourchancetogive.org
aga治療東京編
aga-osusume.info
ホットヨガを始めるならこちらをチェック
gendai-yoga.com
銀座で美容整形クリニックを探すならこちら
gnzcosmeticsurgery.net
パーティードレスの通販サイトはこちら
dresspros.info
金属3Dプリンターをご利用ならこちらをチェック
metal3dphikaku.net
リゾートバイトを探すならこちら
resortworks-kuraberu.net
交通事故専門の弁護士をお探しならこちら
tal-lawyer-rank.com
その他
QRコード
qrcode