凧は空に浮かぶ手作りのオブジェ。自然が引く凧糸の感触。手の届かないところで織り成す微妙なバランス。凧作りの奥深さは人を惹きつけるものがあります。

<< ヒゴを曲げる+ | main | 現在旅行中 >>

連凧の作り方ー5:本体を作る

骨としっぽを貼る 本体に竹を貼って凧を作ります。
 まず本体真ん中の糸を通す穴に補強用のシールを貼ります。パンチ穴を補強するためのドーナツ状のシールが市販されていますので、それを使うとよいです。また、なくてもかまいません。

 骨は先に、縦骨を貼ります。1.8个離劵瓦鬘暇楾腓錣擦禿修蠅泙后セロテープで4ヶ所止めますが、中心穴の上下に貼るテープは穴から15伉度離して貼ります。2本の竹ヒゴの間に糸を通すので、テープが穴に近すぎると糸を通しにくくなります。

 次に横骨を図の通りに貼ります。(セロテープの向きに注意)

 骨を貼るときは
・本体シートがたるまないように貼ります。
・セロテープを貼るときは竹に沿ってしっかり押さえて、テープが浮いてこないようにします。
・セロテープは一度貼ったものを剥がして張りなおすと接着が弱くなります。

 しっぽは2枚ずつ付けます。凧の裏と表の両方からセロテープで貼ります。
 先頭に来る3枚の凧には、しっぽを4枚ずつ付けます。色の順番など考慮して、連ねる順番を決めておいて下さい。

コメント
連凧シリーズすごいですね。これ本にできるんじゃ〜ないですか?子供が小学生になれば夏休みの自由研究の題材としてつかわせようかな〜と思っております。
  • イチロー
  • 2006/03/24 8:25 AM
連凧シリーズ欠かさずに見ています。図と文がすばらしく大変わかりやすい説明です。凧男としては大変参考になります。
  • 凧男
  • 2006/03/22 7:28 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
メインメニュー
・目次ページ
・お役立ち情報館
・凧作り資材館
・凧の本・書籍の紹介
・相互リンク募集
・お問い合わせ
目 次
ブログ内検索
サイト内を語句で検索
最近の記事
最近のコメント
プロフィール
お気に入り追加
お気に入りに追加!
にほんブログ村 趣味ブログへ
ワノコト -和風な暮らしコミュニティ-
ジャンボ宝くじの当選番号
四国徳島 健心流
リゾートバイトをお探しの方はこちら
enjoy-resoba.com
介護求人情報をお探しの方はこちら
helper-hikaku.net
メンズ脱毛のランキングNo.1!
www.ourchancetogive.org
aga治療東京編
aga-osusume.info
ホットヨガを始めるならこちらをチェック
gendai-yoga.com
銀座で美容整形クリニックを探すならこちら
gnzcosmeticsurgery.net
パーティードレスの通販サイトはこちら
dresspros.info
金属3Dプリンターをご利用ならこちらをチェック
metal3dphikaku.net
リゾートバイトを探すならこちら
resortworks-kuraberu.net
交通事故専門の弁護士をお探しならこちら
tal-lawyer-rank.com
その他
QRコード
qrcode