凧は空に浮かぶ手作りのオブジェ。自然が引く凧糸の感触。手の届かないところで織り成す微妙なバランス。凧作りの奥深さは人を惹きつけるものがあります。

<< 連凧の作り方ー8:完成 | main | 強風のち雨 >>

糸のヨリ

糸の取り方○糸の取り方×

 市販の糸は写真のように芯に巻いているのがよくあります。この巻いている物から糸をとっていくとヨリがかかってくることがあります。
 左の写真のように真ん中に棒を突き刺して芯がくるくる回るようにしてだすとヨリがでないのですが、右の写真のようにするとヨリがかかってしまいます。

 撚り糸の場合は全体的に緩衝してさほど気にならないかもしれませんが、組み紐だとすぐに糸がよれてしまいます。

 また、連凧に糸を通すと、ヨリがかからないように糸をだしていても、通している内に糸がよれてきます。
 糸の端をどこかにくくりつけて、ピンと張った状態で凧を通すと少しは違うのですが、ゼロというわけにはいきません。
 私は、ヨリが出てくると糸をすごいて、だましだましやっています。
コメント
糸のより、きつくなると大変ですよね・・・。糸、最初は大丈夫でも、糸巻きからの送り方と撒き方が違うと寄りがかかってしまいますね。

私は、とりあえず凧側にベアリングの入ったより戻しを入れています。揚げながら巻くときは利くのですが、糸を地面においてしまうとだめですね・・・。木か柵にでも引っ掛けて引っ張りながら巻けばよいのですけど・・・。
  • にし
  • 2006/03/30 12:36 PM
糸のよりの処理に困っています。特にスピニングリールに巻いている50dlのダクロン糸がよれてしまいます。自作のドラムに巻く形式の糸巻きではよれないのですが…
  • 凧男
  • 2006/03/30 6:00 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
メインメニュー
・目次ページ
・お役立ち情報館
・凧作り資材館
・凧の本・書籍の紹介
・相互リンク募集
・お問い合わせ
目 次
ブログ内検索
サイト内を語句で検索
最近の記事
最近のコメント
プロフィール
お気に入り追加
お気に入りに追加!
にほんブログ村 趣味ブログへ
ワノコト -和風な暮らしコミュニティ-
ジャンボ宝くじの当選番号
四国徳島 健心流
リゾートバイトをお探しの方はこちら
enjoy-resoba.com
介護求人情報をお探しの方はこちら
helper-hikaku.net
メンズ脱毛のランキングNo.1!
www.ourchancetogive.org
aga治療東京編
aga-osusume.info
ホットヨガを始めるならこちらをチェック
gendai-yoga.com
銀座で美容整形クリニックを探すならこちら
gnzcosmeticsurgery.net
パーティードレスの通販サイトはこちら
dresspros.info
金属3Dプリンターをご利用ならこちらをチェック
metal3dphikaku.net
リゾートバイトを探すならこちら
resortworks-kuraberu.net
交通事故専門の弁護士をお探しならこちら
tal-lawyer-rank.com
その他
QRコード
qrcode