凧は空に浮かぶ手作りのオブジェ。自然が引く凧糸の感触。手の届かないところで織り成す微妙なバランス。凧作りの奥深さは人を惹きつけるものがあります。

<< 和凧(ごんぼいか)の作り方ー1 | main | ごんぼいかー和紙の厚さ >>

和凧(ごんぼいか)の作り方ー2

ごんぼいかー裁断図 「ごんぼいか」の良いところは、紙を無駄なく使えることです。
 今回は、1枚の和紙を半分に切り、その大きさでとれる凧を作ります。

 和紙は、製品によって多少寸法が違っています。図では 960×640 の大きさの和紙で書いていますが、別にこの寸法にそろえる必要はありません。多少差があっても同じようにできます。

ごんぼいかー和紙裁断1
 まず、紙を半分に切ります。

ごんぼいかー和紙裁断2
 半分に切った紙から、正方形をとります。

 写真のように、紙を斜めに折り、重なっていない部分を折り返せば、正方形がとれます。

ごんぼいかー和紙裁断3
 残った長方形の部分を、細長く半分に切ります。
 さらに、細長い長方形の紙を5僂曚廟擇蠅泙后
この切り取った小さい紙は、凧を作るとき、骨の上から貼って補強するために使います。従って、5僂箸いδ垢気砲海世錣蠅呂覆、だいたいでかまいません。ただ、2枚とも同じ長さにして下さい。


これで、本体に使う紙のカットが終了です。
これなら、物差しで測る必要がなく、カッターがあればできます。
「ごんぼいか」を作るときは、すべて物差しで測らず、長さはだいたいというところで作っていくことができます。(実際にそう教わって、作っていました)
しかし、それでは初めて作る人にとっては困ると思いますので、必要なところは長さを明示していきます。
コメント
突然申し訳ありません。
ブログサーチ&コミュニティ【ぶろぐひろば】です。
http://bloghiroba.com/blog/
貴サイト様を拝見し、是非当サイトにご参加いただきたいと思いコメントさせていただきました。
できたばかりのサイトですが、皆様のアクセスアップの少しはお役に立てるよう努めてまいりますので、ご参加をご検討くださいませ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
メインメニュー
・目次ページ
・お役立ち情報館
・凧作り資材館
・凧の本・書籍の紹介
・相互リンク募集
・お問い合わせ
目 次
ブログ内検索
サイト内を語句で検索
最近の記事
最近のコメント
プロフィール
お気に入り追加
お気に入りに追加!
にほんブログ村 趣味ブログへ
ワノコト -和風な暮らしコミュニティ-
ジャンボ宝くじの当選番号
四国徳島 健心流
リゾートバイトをお探しの方はこちら
enjoy-resoba.com
POSレジ導入をお考えの方はこちらをチェック
rentalpos-hikaku.com
メンズ脱毛のランキングNo.1!
www.ourchancetogive.org
aga治療東京編
aga-osusume.info
ホットヨガを始めるならこちらをチェック
gendai-yoga.com
銀座で美容整形クリニックを探すならこちら
gnzcosmeticsurgery.net
パーティードレスの通販サイトはこちら
dresspros.info
金属3Dプリンターをご利用ならこちらをチェック
metal3dphikaku.net
リゾートバイトを探すならこちら
resortworks-kuraberu.net
交通事故専門の弁護士をお探しならこちら
tal-lawyer-rank.com
その他
QRコード
qrcode