凧は空に浮かぶ手作りのオブジェ。自然が引く凧糸の感触。手の届かないところで織り成す微妙なバランス。凧作りの奥深さは人を惹きつけるものがあります。

<< ぐにゃぐにゃ凧の作り方ー糸目を付ける | main | 書籍紹介ー「世界の凧」 >>

簡単に作る凧ーぐにゃぐにゃ凧

ぐにゃぐにゃ凧

今回の「ぐにゃぐにゃ凧」は”簡単に作る”ということで紹介しました。
本体を、カッターで切り、骨になる竹かひのき棒を切れば、後は貼っていくだけです。
「もっと簡単に」というのであれば、材料セットを購入する事も可能でしょう。ぐにゃぐにゃ凧のキットは多くの教材会社が販売しています。このことも、「ぐにゃぐにゃ凧」を紹介した理由のひとつです。

何かを作ろうとすると、作り方は簡単でも、材料の調達が難しいこともあります。簡単に手に入る物で、簡単に作れるのが一番いいのでしょうが、この凧を作る場合は、ゴミ袋やセロテープはあるとしても、骨にする竹や凧糸は購入が必要かと思います。最近は、ホームセンターなどで多くの物が取り揃えられていたり、インターネットでも購入できるようになりました。その分、材料の調達という面では物作りが容易になったと考えてもいいかもしれません。

子どもたちに凧作りを教えるとき、大切なことは、”全員に揚げて遊べた”という経験をさせてあげることだと思います。凧という遊び道具を作るのですから、遊べないとおもしろくないでしょう。
この凧は、失敗の少ない凧ですし、他にも簡単に作れる凧が、インターネットでも紹介されています。物作りの入り口として、凧揚げのおもしろさを多くの方に体験していただきたいと思います。

そしてさらに、簡単に手に入ったり、簡単に作る、だけではなく、その向こうにある手作りのおもしろさを見つけて行くことを願っています。
コメント
せっかく作った凧が糸とともに飛んでいくのはつらいですね。
私も糸が切れて飛んでいった経験は何度かあります。

床糸についてですが、釣り糸に限らず、市販の凧糸やその他の糸を使うときも糸は最後まで出し切らない方が無難です。

糸の端がきちんと止まっていない場合があるのと、何かの拍子で糸を出さないといけないときがあるかもしれません。

どんな糸でも少しは、手元に糸を残しておくことをおすすめします。
  • takoaki
  • 2009/09/02 5:59 PM
先日、こちらのグニャグニャ凧を作って子供と一緒に凧揚げに行きました。予想以上に簡単に空に舞い上がって子供も喜んでおりました。しかし、問題がありました。
この国には凧糸が無いので、釣り糸を使って代用していました。一巻き100mの物です。気持ちよく凧が揚がっていくものですからドンドン糸を伸ばしていたら・・・・糸が無くなり糸と一緒に凧が・・・・・・・・なくなってしまいました。
  • 凧太郎
  • 2009/09/01 6:19 AM
こんにちは!
本来ならトラックバックに入れるのでしょうけれど、やり方が不慣れでわからず、コメントにしました。
ミクシィのブログでこちらのサイトを紹介させて頂きました。以下、本文一部です。

このサイトに乗ってるシンプル凧とぐにゃぐにゃ凧、両方作りました。 シンプル凧は新聞紙で作るので値段はもっと安くなります。 でも飛ばす練習してる間にビリビリと破けてしまいました。 それでビニールで代用しようと思ったのですが、竹を曲げなくてはならず、
学校の規定が最低でも1メートル×半メートルだったので、対曲線になる竹を曲げるのは大変で結局作りましたがあまり飛びませんでした。

フィリピンの場合、竹ヒゴとか売ってないので「ティンティン草」の箒の先で代用にします。でも大きさが大きくなると凧の表面積に対しての太さが足りず凧が折れ曲がってしまいます。 それで裏の竹林の乾いた竹屑を引っ張って来て鉈で割って細くしていきます。

このぐにゃぐにゃ凧は骨が直線で作りやすかったです。 紹介された製図のうち、下の細型を作りました。 学年で一番早く、一番高く上がったそうで、25点満点中30点だったとか。 (with bonus!)

虎次郎に「日本人の知恵とサイトで公開してくれた人のお陰だね」と恩を売っています。

凧を飛ばせるような広い場所が近所にあったら子どもと作って飛ばしに行ってみるのがお勧めです。この凧は絶対に飛びます!
こちらこそ、ありがとうございます。

ところで先日、学校で凧揚げ大会がありました。息子の凧が一番よく揚がっていたと報告してくれました。

で注目の的となった息子は放課後、今まであまり遊んだことのなかった子供から凧揚げをしようと誘われ、嬉しそうに公園に出かけて行きました。
交友範囲も少し広がったようです。

これからもよろしくお願いいたします。
  • 不器用者
  • 2007/01/27 7:51 PM
大変うれしいコメントをありがとうございます。お役に立てて光栄です。これからも、いろいろな凧の作り方を紹介していきたいと思います。
  • takoaki
  • 2007/01/14 12:26 PM
息子の小学校で凧揚げをするので「凧を作ってこい」という宿題がでました。

子供の頃、見よう見真似で手作り凧を作りましたが、見事に失敗。以来、凧は買うものと心に決めていた私は正直、学校を恨みました。

そこにこのサイトでこのぐにゃぐにゃ凧のことを知り、何十年か振りに自分の手でゴミ袋のぐにゃぐにゃ凧を作りました。

早速、近くの田んぼで試験飛行開始。

ところが、この凧スッゲー!!
ほとんど走らなくても風を受けてどんどん揚がって行く!!

正直、絶対揚がらない、子供にどうやって言い訳しようかと諦めていた私は非常に驚きました。

子供達も大喜びで時間を忘れて日が暮れるまで、凧揚げに興じておりました。

このような凧の作り方をご紹介頂き、本当にありがとうございました。

そして子供達に自分で作ることの喜びをあまり教えて来なかった自分に反省しきり。
これを機会に少しずつでも教えていこうと考えています。
  • 不器用者
  • 2007/01/14 12:25 AM
物作りの場が減ってきている、というより作らなくても遊べたり、生活に支障がなくなったからかもしれません。これからもがんばって、凧を通して、手作りの魅力を伝えていきたいと思います。
  • takoaki
  • 2006/06/19 3:59 PM
今回の初心者向け凧作り講座はいろいろな意味で凧作りを考えさせられました。「その向こうにある手作りのおもしろさを見つけて行くことを願っています。」という言葉が重いです。物作り立国の日本の子どもが物を作らなくなってきているのが心配です。
  • 凧男
  • 2006/06/17 9:58 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
JKA通信061018-01(簡単に作る凧ーぐにゃぐにゃ凧)
JKA通信061018-01(簡単に作る凧ーぐにゃぐにゃ凧)簡単に作る凧ーぐにゃぐにゃ凧今回の「ぐにゃぐにゃ凧」は”簡単に作る”ということで紹介しました。本体を、カッターで切り、骨になる竹かひのき棒を切れば、後は貼っていくだけです。「もっと簡単に」というのであれば
  • ラインフリーク「伝播倒錯者」
  • 2006/10/18 7:21 PM
メインメニュー
・目次ページ
・お役立ち情報館
・凧作り資材館
・凧の本・書籍の紹介
・相互リンク募集
・お問い合わせ
目 次
ブログ内検索
サイト内を語句で検索
最近の記事
最近のコメント
プロフィール
お気に入り追加
お気に入りに追加!
にほんブログ村 趣味ブログへ
ワノコト -和風な暮らしコミュニティ-
ジャンボ宝くじの当選番号
四国徳島 健心流
リゾートバイトをお探しの方はこちら
enjoy-resoba.com
POSレジ導入をお考えの方はこちらをチェック
rentalpos-hikaku.com
メンズ脱毛のランキングNo.1!
www.ourchancetogive.org
aga治療東京編
aga-osusume.info
ホットヨガを始めるならこちらをチェック
gendai-yoga.com
銀座で美容整形クリニックを探すならこちら
gnzcosmeticsurgery.net
パーティードレスの通販サイトはこちら
dresspros.info
金属3Dプリンターをご利用ならこちらをチェック
metal3dphikaku.net
リゾートバイトを探すならこちら
resortworks-kuraberu.net
交通事故専門の弁護士をお探しならこちら
tal-lawyer-rank.com
その他
QRコード
qrcode