凧は空に浮かぶ手作りのオブジェ。自然が引く凧糸の感触。手の届かないところで織り成す微妙なバランス。凧作りの奥深さは人を惹きつけるものがあります。

<< 糸目を束ねて結ぶ | main | 凧揚げ大会 7/30 >>

竹のカビ

竹のカビ

朝、ふと見ると写真のようなカビ。
真ん中の竹は、油抜きをして染めた物ですが、しっかりカビが生えています。
今までカビが生えたことのない場所ですが、今年は思わぬ所にカビが生えました。ほとんどの竹は、低い所には置かないようにしていますが、床から1.5mぐらいの所にもカビがありました。たぶん天気の悪い日が続いたため、十分に換気ができなかったためと思われます。それに、少ない量だったので、「ちょっとだけ」という気持ちで置き放しておいたのが悪かったようです。

カビの予防は、温度や湿度の管理もありますが、一番は高い所に置いて、通気性をよくすることと思います。
特に竹は、木材に比べて糖分を多く含んでいるので、カビや虫がつきやすくなります。

正倉院のような高床式の校倉造りの資材置き場がほしいもです。
コメント
自分で使う分は、カビを取って、一度天日にさらすのですが、今日も雨です。染め竹などはこれまでに手間をかけた竹だけにがっくりです。
  • takoaki
  • 2006/07/25 5:52 PM
記録的な豪雨大丈夫ですか?梅雨が長引くと竹にまでカビですか…。後始末が大変ですね?アルコールで拭いて通気の良い場所への移動でしょうか!竹に糖分があることも初めて知りました。
  • 凧男
  • 2006/07/24 7:36 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
メインメニュー
・目次ページ
・お役立ち情報館
・凧作り資材館
・凧の本・書籍の紹介
・相互リンク募集
・お問い合わせ
目 次
ブログ内検索
サイト内を語句で検索
最近の記事
最近のコメント
プロフィール
お気に入り追加
お気に入りに追加!
にほんブログ村 趣味ブログへ
ワノコト -和風な暮らしコミュニティ-
ジャンボ宝くじの当選番号
四国徳島 健心流
リゾートバイトをお探しの方はこちら
enjoy-resoba.com
POSレジ導入をお考えの方はこちらをチェック
rentalpos-hikaku.com
メンズ脱毛のランキングNo.1!
www.ourchancetogive.org
aga治療東京編
aga-osusume.info
ホットヨガを始めるならこちらをチェック
gendai-yoga.com
銀座で美容整形クリニックを探すならこちら
gnzcosmeticsurgery.net
パーティードレスの通販サイトはこちら
dresspros.info
金属3Dプリンターをご利用ならこちらをチェック
metal3dphikaku.net
リゾートバイトを探すならこちら
resortworks-kuraberu.net
交通事故専門の弁護士をお探しならこちら
tal-lawyer-rank.com
その他
QRコード
qrcode