凧は空に浮かぶ手作りのオブジェ。自然が引く凧糸の感触。手の届かないところで織り成す微妙なバランス。凧作りの奥深さは人を惹きつけるものがあります。

<< 生地を凧の形に抜く | main | 骨・本体・安定板の溶着 >>

田原凧のうなり

田原凧のうなり

田原凧のうなりです。
凧は田原のS氏が作ったものです。

カイト製造工程シリーズの途中ですが、田原凧のうなりについてコメントをいただきましたので紹介いたします。

写真の凧は、メンダケの半割に音をだすためのテープをくくりつけています。

田原凧のうなり2
うなりの端はこのようになっています。

田原凧のうなり3

凧を揚げないときは、写真のように、テープを竹からはずして、うなりの竹が真っ直ぐな状態で保存します。

うなりについては、いつか詳しく紹介したいと思っています。
コメント
凧のうなりは、多くの人が工夫して作っておられると思います。私の限られた知識の範囲ではありますが、紹介したいと思っています。
  • takoaki
  • 2006/08/29 11:37 AM
武蔵のカイトクラブの夏の親子凧揚げ大会で和凧名人のHさまが皮でできたウナリを付けていました。ウナリは伝統凧の文化だと思いました。後日、公表されるウナリ特集?を楽しみにしています。
  • 凧男
  • 2006/08/28 8:17 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
メインメニュー
・目次ページ
・お役立ち情報館
・凧作り資材館
・凧の本・書籍の紹介
・相互リンク募集
・お問い合わせ
目 次
ブログ内検索
サイト内を語句で検索
最近の記事
最近のコメント
プロフィール
お気に入り追加
お気に入りに追加!
にほんブログ村 趣味ブログへ
新宿不動産
ワノコト -和風な暮らしコミュニティ-
ジャンボ宝くじの当選番号
四国徳島 健心流
その他
QRコード
qrcode