凧は空に浮かぶ手作りのオブジェ。自然が引く凧糸の感触。手の届かないところで織り成す微妙なバランス。凧作りの奥深さは人を惹きつけるものがあります。

<< 香川県 津田凧揚げ大会 | main | 五十崎凧博物館 >>

「おやじの会」の凧作り

大凧作成中

糸目を付けています

前回の記事で掲載した、香川県 津田(さぬき市)の凧揚げ大会に参加された、幼稚園の保護者会「おやじの会」の凧製作の様子です。
凧揚げ大会当日の写真と共に送って頂きました。

下の写真は、凧の糸目を付けているところです。
香川県では、よくこのように凧を吊して糸目を付けています。
まず、4隅の4本の糸を長さを調整して付けて、その4本の糸で凧を吊します。残りの糸目は、この4本の糸に合わせて、たるんだり短くなったりしないように長さを調整していきます。

また、糸目糸のことを、「つりいと」「つる」などと呼ぶこともあります。
私も、初めに凧を習ったときは、このように凧を吊って糸目を調整する方法を教わりました。
コメント
糸目付けは幼稚園の遊戯室をお借りし、高さ3.5mの天井の梁に釘を打たせてもらえたので一気に5つの凧の糸目作業ができました。団体で凧を作る場合作業効率が重要となるため、道具や場所の確保も大事だと感じました。また素人にとって一番難しい糸目作業を手伝って頂いたK池氏には本当に感謝しています。
  • おやじの会
  • 2007/02/20 7:56 PM
お褒めの言葉ありがとうございます。このように糸目をとるので、糸目の長さはそんなに長くなく、凧の縦の長さぐらいにしています。微調整は、凧にくくった糸をほどいて行います。それと、大きさの割りに、糸目の数が多いのが特徴かと思います。
  • takoaki
  • 2007/02/20 9:54 AM
いやぁ〜凧を空中に吊して糸目をとるんですね…。目からウロコの方法です。凧が空中に浮くことを考えると大変、合理的な方法だと感心しました。このような方法を教えていただけるこのブログは本当に貴重です。ありがとうございました。
  • 凧男
  • 2007/02/19 7:10 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
メインメニュー
・目次ページ
・お役立ち情報館
・凧作り資材館
・凧の本・書籍の紹介
・相互リンク募集
・お問い合わせ
目 次
ブログ内検索
サイト内を語句で検索
最近の記事
最近のコメント
プロフィール
お気に入り追加
お気に入りに追加!
にほんブログ村 趣味ブログへ
ワノコト -和風な暮らしコミュニティ-
ジャンボ宝くじの当選番号
四国徳島 健心流
リゾートバイトをお探しの方はこちら
enjoy-resoba.com
POSレジ導入をお考えの方はこちらをチェック
rentalpos-hikaku.com
メンズ脱毛のランキングNo.1!
www.ourchancetogive.org
aga治療東京編
aga-osusume.info
ホットヨガを始めるならこちらをチェック
gendai-yoga.com
銀座で美容整形クリニックを探すならこちら
gnzcosmeticsurgery.net
パーティードレスの通販サイトはこちら
dresspros.info
金属3Dプリンターをご利用ならこちらをチェック
metal3dphikaku.net
リゾートバイトを探すならこちら
resortworks-kuraberu.net
交通事故専門の弁護士をお探しならこちら
tal-lawyer-rank.com
その他
QRコード
qrcode