凧は空に浮かぶ手作りのオブジェ。自然が引く凧糸の感触。手の届かないところで織り成す微妙なバランス。凧作りの奥深さは人を惹きつけるものがあります。

<< 凧揚げイベントのお便り | main | 100円の立体凧キット >>

授産施設での凧作り教室

熱心に凧作り

知的障害者授産施設におじゃまして、凧作り教室を行いました。
午前中2時間の予定で凧作りを行い、昼食後、できた凧を揚げに行きました。
作った凧は「ごんぼいか」です。”和凧作り”ということだったので、簡単な「ごんぼいか」を選びました。糸目を2本にして、反り糸も付けないようにしたので、糸をくくる箇所が、糸目の2ヶ所だけで済みます。
参加者は43名でした。難しいところは、職員の方に手伝ってもらいながらも全員が完成させました。
大変素直な絵を描き、絵ができあがる時間も思ったより早く終わりました。
開会の話を含め、マジックで絵を描き、凧を仕上げるまで、予定の2時間で終了しました。

凧揚げ

昼からは、グラウンドで凧揚げです。
朝の内、強風波浪注意報が発令したので、「ごんぼいか」では風が強すぎるかなと思っていましたが、午後から少し強い程度の風になりホッとしました。
参加者全員の凧が、空に舞うことができました。

一人の生徒さんが「僕の凧は、100点満点で何点ですか。」
私が「これだけ揚がったんだから、100点満点」と言うと
「100点満点うれしいな」と、本当にうれしそうに何度も言いながら揚げていました。
こんなに喜んでもらえるのかと思うと、私も涙が出そうなくらいうれしかったです。
コメント
そうですか・・・
いつも通りで反り糸を付けなくても風がある程度あれば大丈夫だなんて知りませんでした。
お陰で勉強になりましたわ。
  • すずめ
  • 2007/02/27 3:49 PM
「ごんぼいか」の骨組みは、弊ブログで紹介したものと同じです。竹の皮の方にノリを付けて貼り、適切な強さの竹を使えば、反り糸を付けなくても大丈夫です。横骨の準備は前日にしました。天気予報でかなりの強風になりそうだったので、横骨を予定より太めな物にしました。
  • takoaki
  • 2007/02/27 2:52 PM
凧作り教室ご苦労様でした。
丁度良い風が吹いて揚がりもよく 生徒さんも喜ばれたのでしょうね。
そんな光景に出会うと涙が出そうなくらい嬉しかったと言うことが良く理解できます。

ところで初歩的な質問で申し訳ないのですが
反り糸を付けないで作られたそうですが もしかしたら横の竹を付けないでエイ凧のようにされたのでしょうか?
  • すずめ
  • 2007/02/26 10:38 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
メインメニュー
・目次ページ
・お役立ち情報館
・凧作り資材館
・凧の本・書籍の紹介
・相互リンク募集
・お問い合わせ
目 次
ブログ内検索
サイト内を語句で検索
最近の記事
最近のコメント
プロフィール
お気に入り追加
お気に入りに追加!
にほんブログ村 趣味ブログへ
ワノコト -和風な暮らしコミュニティ-
ジャンボ宝くじの当選番号
四国徳島 健心流
リゾートバイトをお探しの方はこちら
enjoy-resoba.com
POSレジ導入をお考えの方はこちらをチェック
rentalpos-hikaku.com
メンズ脱毛のランキングNo.1!
www.ourchancetogive.org
aga治療東京編
aga-osusume.info
ホットヨガを始めるならこちらをチェック
gendai-yoga.com
銀座で美容整形クリニックを探すならこちら
gnzcosmeticsurgery.net
パーティードレスの通販サイトはこちら
dresspros.info
金属3Dプリンターをご利用ならこちらをチェック
metal3dphikaku.net
リゾートバイトを探すならこちら
resortworks-kuraberu.net
交通事故専門の弁護士をお探しならこちら
tal-lawyer-rank.com
その他
QRコード
qrcode