凧は空に浮かぶ手作りのオブジェ。自然が引く凧糸の感触。手の届かないところで織り成す微妙なバランス。凧作りの奥深さは人を惹きつけるものがあります。

<< 春の凧揚げ大会 | main | 角凧を作る 凧絵と本体の準備 >>

角凧を作る 本体図面

角凧の骨組み

和凧の代表とも言える「角凧」を作っていきたいと思います。

大きさは、1枚の和紙を半分に切って作る大きさです。和紙によって、寸法が変わりますが、多少長さが違っても大丈夫です。ただ、縦の長さに比べて横の長さがかなり長くなるようでしたら、切って調整して下さい。


本体 和紙の大きさ

本体の紙の大きさは、上の図の通りです。

私が凧を習ったとき、この小さな角凧を、自分で竹を削って、しっぽを付けずに揚げ、さらに、操縦できるようになれば一人前だと言われました。

それまで、小さい凧はあまり作ったことがなく、簡単かなと思って作ってみると、これがけっこう奥が深かったのです。
骨の数も糸目の数も少なく、簡単といえば簡単なのですが、思うように動かせる凧ができるようになるまでには、かなりの時間がかかりました。

しかし、この凧をいくつも作ることで、凧の糸目の原理や骨組みのバランスなど、凧について多くのことを学ぶことができました。
師匠が、「これができれば一人前」と言ったのは、このことだろうと後になって思いました。

これから、自分で竹を削って、凧を作ろうと思っている方は、簡単に作れますので、是非挑戦してみて下さい。
また、市販の竹ヒゴで、同じように作っても、大丈夫です。
その時は、真ん中にある横骨を付けずに作るとバランスが取りやすくなります。
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
メインメニュー
・目次ページ
・お役立ち情報館
・凧作り資材館
・凧の本・書籍の紹介
・相互リンク募集
・お問い合わせ
目 次
ブログ内検索
サイト内を語句で検索
最近の記事
最近のコメント
プロフィール
お気に入り追加
お気に入りに追加!
にほんブログ村 趣味ブログへ
ワノコト -和風な暮らしコミュニティ-
ジャンボ宝くじの当選番号
四国徳島 健心流
リゾートバイトをお探しの方はこちら
enjoy-resoba.com
POSレジ導入をお考えの方はこちらをチェック
rentalpos-hikaku.com
メンズ脱毛のランキングNo.1!
www.ourchancetogive.org
aga治療東京編
aga-osusume.info
ホットヨガを始めるならこちらをチェック
gendai-yoga.com
銀座で美容整形クリニックを探すならこちら
gnzcosmeticsurgery.net
パーティードレスの通販サイトはこちら
dresspros.info
金属3Dプリンターをご利用ならこちらをチェック
metal3dphikaku.net
リゾートバイトを探すならこちら
resortworks-kuraberu.net
交通事故専門の弁護士をお探しならこちら
tal-lawyer-rank.com
その他
QRコード
qrcode