凧は空に浮かぶ手作りのオブジェ。自然が引く凧糸の感触。手の届かないところで織り成す微妙なバランス。凧作りの奥深さは人を惹きつけるものがあります。

<< 凧の持ち方 | main | 第15回多度津全国凧揚げ大会ー1 >>

凧を揚げるときの持ち方

揚げるときの持ち方 1

凧を揚げるときの凧の持ち方です。
初心者向きではありますが、小凧を揚げるときは、上の写真のような持ち方をよくすると思います。

大切なことは、糸目がひっかかっていないか、確認することです。
角凧の場合、上の糸目が骨にひっかかっていることが多いようです。そうなると、凧は回って落下してしまいます。
くれぐれもお気を付け下さい。

基本的に、凧を持つ人は、凧の横で、表が見える位置に立ちます。2mぐらいの凧を揚げるときも、持ち手は、凧の横に立って凧を支えます。
糸目がきちんとさばけているか、揚げ手の準備ができているか確認して凧を放します。
慣れてくると、揚げ手の合図で、大きな凧でも一人で放り上げます。

慣れない方は、凧を上に放り揚げずに、揚げての合図で、手を離すのがいいと思います。
凧は、糸を引くと、頭の向いている方向に揚がっていきます。離した瞬間に、凧が横を向くと、そのまま横に走ってしまいます。そのため、真っ直ぐに持って、そのまま離すのが無難な方法です。

揚げるときの持ち方 2

上の写真は、小さな角凧のときによくする持ち方です。
反り糸の真ん中を持って、揚げての合図で手を離します。
この方法だと、揚げる時に凧が回ってしまうことがなく、初めての方には無難な方法だと思います。

揚げ方にこだわりを持つと、凧の持ち手は、気を付けなければならないことが多くあります。
凧が大きくなり、糸目の数が増えてくると難しさが増してきます。
経験者は、凧の持ち手に回ります。凧を習っていたとき、師匠と二人で凧を揚げるときに、私が持ち手になることは、ほとんどありませんでした。
コメント
ご示唆ありがとうございます。アイロンをかけるだけで、固着できる(脱色しない)または、固着を強める染料も多く出ています。今回使った染料も、アイロンをかけることで固着を強める物です。ただ、すべてがそうだとは限らず、今回のシリーズでは、染料のことについては説明を省略致しました。
  • takoaki
  • 2007/04/02 12:01 PM
3月26日のブログによりますと和紙の絵にアイロンをかける目的について「アイロンをかけるのは、紙を伸ばすためではなく、縮めてピンと張らすためです」と記述されていました。広井先生の「凧−空の造形」90ページに「塗ったあとアイロンをかけるだけで、比較的脱色しない染料もでてきています」という記述がありました。アイロンがけは「染料の脱色予防」にもなるようです。
  • 凧男
  • 2007/03/30 8:48 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
メインメニュー
・目次ページ
・お役立ち情報館
・凧作り資材館
・凧の本・書籍の紹介
・相互リンク募集
・お問い合わせ
目 次
ブログ内検索
サイト内を語句で検索
最近の記事
最近のコメント
プロフィール
お気に入り追加
お気に入りに追加!
にほんブログ村 趣味ブログへ
ワノコト -和風な暮らしコミュニティ-
ジャンボ宝くじの当選番号
四国徳島 健心流
リゾートバイトをお探しの方はこちら
enjoy-resoba.com
介護求人情報をお探しの方はこちら
helper-hikaku.net
メンズ脱毛のランキングNo.1!
www.ourchancetogive.org
aga治療東京編
aga-osusume.info
ホットヨガを始めるならこちらをチェック
gendai-yoga.com
銀座で美容整形クリニックを探すならこちら
gnzcosmeticsurgery.net
パーティードレスの通販サイトはこちら
dresspros.info
金属3Dプリンターをご利用ならこちらをチェック
metal3dphikaku.net
リゾートバイトを探すならこちら
resortworks-kuraberu.net
交通事故専門の弁護士をお探しならこちら
tal-lawyer-rank.com
その他
QRコード
qrcode