凧は空に浮かぶ手作りのオブジェ。自然が引く凧糸の感触。手の届かないところで織り成す微妙なバランス。凧作りの奥深さは人を惹きつけるものがあります。

<< うなりの部材 | main | うなりに使うテープ >>

うなりの音は一人占め

うなりは鳴っているのだが

凧にうなりを付けかどうかは、地域によって異なります。
私の故郷の香川県では、ほとんどの凧にうなりを付けます。

うなりを付ける地域の凧揚げ大会に行くと、うなりの音が会場に鳴り響きます。
ところが、不思議なことに、よく鳴っている凧があると、その凧が1枚だけで音を出しているように聞こえるのです。
音の一人占めとでも言えましょうか。

そうなると、誰もが、どうしても他の人よりも、よく鳴るうなりを作りたいと思ってしまいます。その結果、うなりを鳴らすための技術や知識が、秘密事項になってしまうことがあります。そういう経験をしたのは、私だけではないのではないでしょうか。

特に、振動部のテープに何を使うかが重要なポイントとなっています。
私も、このテープを探すために、これまで多くの時間とお金をかけました。(実際はそれだけではないのですが)
現在も、この振動部の素材については、研究中です。

そして、産業の発展と共に、いろいろな素材が開発され、テープだけでなく、うなりに使う素材も変わってきました。そうすると、さらに研究を深めれば、もっと良くなるうなりが作れるのではないかと思っています。
コメント
「うなり」自体は伝統的な物ですが、使っている素材は、近代的な物へと変わっています。「簡単、音の出る凧」なんかも作ってみたいですね。
  • takoaki
  • 2007/06/15 5:03 PM
和凧の伝統の「うなり」は凧作りで初心者の私には未知の世界です。カラーポリ袋での凧作りでは「うなり」は無理かとも思いながら何か音を出してみたい…と夢想しております。この記事を参考にさせていただきます。
  • 凧男
  • 2007/06/14 8:45 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
メインメニュー
・目次ページ
・お役立ち情報館
・凧作り資材館
・凧の本・書籍の紹介
・相互リンク募集
・お問い合わせ
目 次
ブログ内検索
サイト内を語句で検索
最近の記事
最近のコメント
プロフィール
お気に入り追加
お気に入りに追加!
にほんブログ村 趣味ブログへ
ワノコト -和風な暮らしコミュニティ-
ジャンボ宝くじの当選番号
四国徳島 健心流
リゾートバイトをお探しの方はこちら
enjoy-resoba.com
POSレジ導入をお考えの方はこちらをチェック
rentalpos-hikaku.com
メンズ脱毛のランキングNo.1!
www.ourchancetogive.org
aga治療東京編
aga-osusume.info
ホットヨガを始めるならこちらをチェック
gendai-yoga.com
銀座で美容整形クリニックを探すならこちら
gnzcosmeticsurgery.net
パーティードレスの通販サイトはこちら
dresspros.info
金属3Dプリンターをご利用ならこちらをチェック
metal3dphikaku.net
リゾートバイトを探すならこちら
resortworks-kuraberu.net
交通事故専門の弁護士をお探しならこちら
tal-lawyer-rank.com
その他
QRコード
qrcode