凧は空に浮かぶ手作りのオブジェ。自然が引く凧糸の感触。手の届かないところで織り成す微妙なバランス。凧作りの奥深さは人を惹きつけるものがあります。

<< 津軽凧絵 5枚の大首絵 | main | 津軽凧絵 金太郎 >>

津軽凧絵 4枚女性

津軽凧絵 女性大首1

津軽凧絵 女性大首2

津軽凧絵 女性大首3

津軽凧絵 女性大首4

今回は、4枚の女性の大首絵です。
私が分かるのは、2枚目の巴御前だけです。

1枚目の絵は、よく見かける絵ですが、人物は、楊貴妃だったか祝融夫人だったか・・・

津軽凧絵に描かれる女性としては、三国志に登場する「祝融夫人」「孫夫人」、水滸伝に登場する「一丈青」、日本人なら「巴御前」「神功皇后」などでしょうか。これらの人は、みな男勝りの豪傑ばかりです。
しかし、このうち既婚の女性は、皆、夫と仲がよかったようです。
今で言えば、「鬼嫁」だったのでしょうか?

話が逸れてしまいましたが、これらの凧絵は、私のお気に入りです。
キレのある線で、画面一杯に描く女性の顔に、まねのできない、高い技術力を感じます。
コメント
今回も貴重なコメントをいただきありがとうございます。
2枚目は、ずっと巴御前と思っていました。平家物語には静御前も巴御前と共に登場しますが題材として認識したことはありませんでした。たいへん勉強になりました。
私は女性の絵はほとんど描いたことがありません。津軽絵の一丈青を写したことがあったのですが、やっぱりだめでした。
また、よろしくお願いします。
  • takoaki
  • 2007/07/11 10:15 PM
どうも、こんばんわ!
さて今回もまた、いい凧絵ですね。凧絵はシンプルな絵ほどむずかしいものです。特に女性の絵は顔の線と、鼻の線が命です。見た限りとてもいい出来栄えだと思います。
さて今回の作品は、1枚目、3枚目、4枚目とも「祝融婦人」だと思われます。「祝融婦人」も何通りかの絵柄があるみたいです。2枚目は津軽凧絵師もあまり書かない題材なのであまり見かけませんが「静御前」です。
いい機会なので、これから私も「静御前」を描いてみたいと思います。
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
メインメニュー
・目次ページ
・お役立ち情報館
・凧作り資材館
・凧の本・書籍の紹介
・相互リンク募集
・お問い合わせ
目 次
ブログ内検索
サイト内を語句で検索
最近の記事
最近のコメント
プロフィール
お気に入り追加
お気に入りに追加!
にほんブログ村 趣味ブログへ
ワノコト -和風な暮らしコミュニティ-
ジャンボ宝くじの当選番号
四国徳島 健心流
リゾートバイトをお探しの方はこちら
enjoy-resoba.com
介護求人情報をお探しの方はこちら
helper-hikaku.net
メンズ脱毛のランキングNo.1!
www.ourchancetogive.org
aga治療東京編
aga-osusume.info
ホットヨガを始めるならこちらをチェック
gendai-yoga.com
銀座で美容整形クリニックを探すならこちら
gnzcosmeticsurgery.net
パーティードレスの通販サイトはこちら
dresspros.info
金属3Dプリンターをご利用ならこちらをチェック
metal3dphikaku.net
リゾートバイトを探すならこちら
resortworks-kuraberu.net
交通事故専門の弁護士をお探しならこちら
tal-lawyer-rank.com
その他
QRコード
qrcode