凧は空に浮かぶ手作りのオブジェ。自然が引く凧糸の感触。手の届かないところで織り成す微妙なバランス。凧作りの奥深さは人を惹きつけるものがあります。

<< サイト「すずめの今昔」 | main | エアロカイト >>

樹の紙で作った凧

樹の紙で作った凧「風観」

以前紹介した「樹の紙」で作った凧です。

木目の美しさを活かしたいと思って単純な構図にしました。

樹の紙だと絵の具が、木目に沿ってすごく滲んでしまします。
そこで、粘性のある顔料で描くことにしたのですが、それで、色を塗ると木目の良さが消えてしまいます。

つまり、ペンキみたいな物だと色はしっかり乗りますが、できあがりが看板みたいになりました。
それが、悪いというわけではないのですが、私としては、木に描いた雰囲気を残したかったので、木目が残る色を使ってみました。

黒は、しっかりとした黒で透き通らず、滲みのない色です。
赤は、染料と顔料を混ぜて使いました。滲みますが、塗った後も木目がうまく浮かび出てきました。

字は、「風」ですが、これは仏教でいう「地水火風空」の五大の1つです。
そのため、絵の題名は「風観(ふうかん)」としました。
(もう少し、字が上手に書けたらいいのですが・・)

凧としてみると、全体が重くなるので、若干性能が落ちるのは仕方がありません。しかし、揚がらないほどの重さではありません。弱風の時に差が出る程度でしょうか。ただし、重い分糸目を若干上にしました。

材料の「樹の紙」も多少残っているので、今度は、プリンターで印刷して何か作ってみようかなと思っています。
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
メインメニュー
・目次ページ
・お役立ち情報館
・凧作り資材館
・凧の本・書籍の紹介
・相互リンク募集
・お問い合わせ
目 次
ブログ内検索
サイト内を語句で検索
最近の記事
最近のコメント
プロフィール
お気に入り追加
お気に入りに追加!
にほんブログ村 趣味ブログへ
新宿不動産
ワノコト -和風な暮らしコミュニティ-
ジャンボ宝くじの当選番号
四国徳島 健心流
その他
QRコード
qrcode