凧は空に浮かぶ手作りのオブジェ。自然が引く凧糸の感触。手の届かないところで織り成す微妙なバランス。凧作りの奥深さは人を惹きつけるものがあります。

<< 樹の紙で作った凧 | main | ふくら雀の古文書 >>

エアロカイト

エアロカイト

エアロカイト パッケージ

カナダのメーカーが作った「Aerokite(エアロカイト)」というものです。
製造は中国です。「Made in china」と書かれています。

どんな感じで飛ぶのか、凧としての魅力はどうなのか、というところが知りたくて、サンプルとしていただきました。

飛行機の翼の部分が回転するようになっています。
しっかり風を受ける部分が少ないので、弱い風では揚がりません。

パッケージの説明を見ると、20から40 km/h と書いてありました。
秒速になおすと、5.5 から 11m ということになります。これは強風用の凧ということになります。

普通の凧だと、糸を引っぱったときに、凧が上に揚がる(上昇する)感触があるのですが、この凧の場合は、ほとんどありません。糸を引っぱっても、あまり上昇しません。無理に揚げようとせず、風に任せている方がいいようです。

揚がった姿は、鳥がパタパタと羽根を動かしているようにも見えます。
凧に動きがあるところがいいと思いました。

今回は、夏の風で、揚げるのがやっとでしたが、いつか、強風の時にも揚げてみたいと思います。
コメント
Rotor Kitesさん、コメントありがとうございます。サイトも拝見させて頂きました。
全体が回転するタイプなので、風に対する反応もよさそうですね。かなり精巧に作られていて、たいへん参考になりました。
  • takoaki
  • 2009/04/01 11:47 AM
ローターカイトは風に対する反応が早く、すごく動きがあっておもしろいですよ。
私も、エアロカイトのように飛行機の両翼が回転するような凧は、写真では見たことがあったのですが、実物を見たことがなかったので入手してみました。写真では、大きさがわかりにくかったと思います。横の長さが65センチと小振りな感じです。そのうち日本でも販売される見たいです。
  • takoaki
  • 2008/07/16 9:37 AM
回転凧は、まだ見たことも作ったこともありません。グアムやハワイの凧屋にも売っていませんでした。ぜひ入手して揚げてみたい凧男です。この凧、欲しいな…!
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
メインメニュー
・目次ページ
・お役立ち情報館
・凧作り資材館
・凧の本・書籍の紹介
・相互リンク募集
・お問い合わせ
目 次
ブログ内検索
サイト内を語句で検索
最近の記事
最近のコメント
プロフィール
お気に入り追加
お気に入りに追加!
にほんブログ村 趣味ブログへ
新宿不動産
ワノコト -和風な暮らしコミュニティ-
ジャンボ宝くじの当選番号
四国徳島 健心流
その他
QRコード
qrcode