凧は空に浮かぶ手作りのオブジェ。自然が引く凧糸の感触。手の届かないところで織り成す微妙なバランス。凧作りの奥深さは人を惹きつけるものがあります。

<< お知らせ | main | 凧に関して雑誌の取材 >>

スカイスクリューの使い方



製作したスカイスクリューの動画です。

スカイスクリューは回転しながら凧糸を登っていきます。そして、行き着いたら同じところでクルクル回り続けます。
そうすると、凧糸を傷つけることになり、糸が切れることがあります。

そのため、凧糸が傷つかないように補強します。
テープを巻く・強い糸に変えるなどの補強方法もありますが、できるだけ簡単な補強として、スカイスクリューが止まる所に糸に木工用ボンドを塗って補強することにしました。

糸が傷つくのは、毛羽だった糸の繊維が少しずつ切れていくからです。
そこで、糸の表面をコーティングすることで、繊維が剥がれていくのを防ぎます。

使うのは、木工用ボンドです。瞬間接着剤のような固くなる物は、糸の伸縮性を奪い糸自体の強度を落とすことになるので、柔らかな樹脂の接着剤を使います。木工用ボンドは、酢酸ビニル樹脂なので、柔軟性があるので、これを使うことにしました。

凧糸の補強

補強の仕方は、指に少しだけボンドを付けて、糸を撚っていく感じで付けていきます。

ストッパー

スカイスクリューを付けて揚げると、普通は糸目のところで止まります。
しかし凧に近づきすげて、風邪の弱いときなど凧に影響があるときもあったり、遠くで回っているのではわかりにくいときもあります。

そこで、凧から何mか手前のところに、ストッパーを付けてそこで止まるようにすることができます。

ストッパーは短い竹ヒゴや楊枝などで十分です。

このストーパーを付けるときは、その前後の糸を補強しておきます。

ストッパーのくくり方

ストパーの付け方は、上図のように、とっくり結びで付けます。
揚げ糸に結び目を付けずに棒を付けることができます。

凧糸に取り付ける

スカイスクリューを付けるときは、凧を揚げた後、写真のように、切り目から凧糸を入れて、中心のストローの中に入れます。

手元から離すときには、凧糸を持っている人の陰になって風が十分に当たらないことがあるので、揚げ糸を体から外して、スカイスクリューに風を当てるようにすれば、回りながら上がっていきます。

凧作りとともに凧揚げプラスアルファの楽しみとしていかがでしょうか。
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
メインメニュー
・目次ページ
・お役立ち情報館
・凧作り資材館
・凧の本・書籍の紹介
・相互リンク募集
・お問い合わせ
目 次
ブログ内検索
サイト内を語句で検索
最近の記事
最近のコメント
プロフィール
お気に入り追加
お気に入りに追加!
にほんブログ村 趣味ブログへ
ワノコト -和風な暮らしコミュニティ-
ジャンボ宝くじの当選番号
四国徳島 健心流
リゾートバイトをお探しの方はこちら
enjoy-resoba.com
介護求人情報をお探しの方はこちら
helper-hikaku.net
メンズ脱毛のランキングNo.1!
www.ourchancetogive.org
aga治療東京編
aga-osusume.info
ホットヨガを始めるならこちらをチェック
gendai-yoga.com
銀座で美容整形クリニックを探すならこちら
gnzcosmeticsurgery.net
パーティードレスの通販サイトはこちら
dresspros.info
金属3Dプリンターをご利用ならこちらをチェック
metal3dphikaku.net
リゾートバイトを探すならこちら
resortworks-kuraberu.net
交通事故専門の弁護士をお探しならこちら
tal-lawyer-rank.com
その他
QRコード
qrcode