凧は空に浮かぶ手作りのオブジェ。自然が引く凧糸の感触。手の届かないところで織り成す微妙なバランス。凧作りの奥深さは人を惹きつけるものがあります。

<< 凧に関して雑誌の取材 | main | 丸亀凧揚げ大会 >>

2008凧作り教室

凧作り教室

今年も地元の凧作り教室に行きました。
この地域では久しぶりの「ごんぼいか」を作ることにしました。
ごんぼいかは、作るのも簡単で安定もとりやすいので、子供達に教えるのにはうってつけの和凧だと思います。
何よりも、自分が小さいときから作ってきた凧なので思い入れもあると思いますが。(「ごんぼいか」についてはごんぼいかの作り方のページ参照)

折り返し部分には両面テープを

今回は、市販のキットに多少工夫を加えて材料を作りました。
たとえば、折り返しがあるところにはあらかじめ両面テープを貼っておき、折り目も付けておきます。

ノリの着いた糸を通す

糸目糸の両端は、木工用ボンドを少し付けて固めておきます。そうすることで、糸目を付けるとき、つまようじで穴を開けただけで糸を通してくくりつけることができます。

他には、市販のキットでは、反り糸を付けるようになっていますが、横骨の強さを変えて、反り糸がなくても揚がるようにしています。

それに、この横骨の強さを決めるのは、凧作り教室の1日か2日前にしています。それは、当日の天気を考えて強風用と弱風用で若干竹の強さや糸目を変えています。ただ、天気予報が雨の時はどうにもなりません。

親子で凧揚げ

この日は風がほとんどなく、走って揚げるのがやっとでした。
雨の前だったので、気温は高くいい天気だったのですが、凧揚げ日和とはいきませんでした。
でも、親子で凧を揚げている、ほのぼのとした風景は心がなごみます。

ところで、この凧作り教室に参加した子供と保護者にきいたところ
凧のことを「イカ」と呼ぶのを知っている人は4分の1もいませんでした。

取材を受けたとき記者が「イカと呼ぶンですか!」と驚いたのも無理はないと思いました。
コメント
takoaki 様
こんにちは、wildduckです。
早速のご教示ありがとうございます。
ご指導頂いたことを基に工夫して行きたいと思います。
ありがとうございます。
  • wildduck
  • 2009/01/17 10:14 AM
wildduckさん、コメントありがとうございます。
ハガキで作った凧ですが、糸目の数を2本以上にしてもしっぽを付けないと安定しないと思います。
ハガキのような板状の翼面は風を上手く逃がさないので安定が取り難いようです。
凧を安定させる考え方として、精巧に作るのも大切ですが、形とか構造を考えていかに上手く風を逃がして安定を保つかというところもあるかと思います。言い替えれば、多少のルーズさがあっても揚がるように作るというところでしょうか。
また、ご質問等ございましたら、サイドバーにお問い合わせコーナーがありますので、お気軽にメールして下さい。
  • takoaki
  • 2009/01/16 10:56 AM
はじめまして、こんにちは。
正月に6歳の甥と凧揚げをして、凧にはまってしまいました。
その理由の一つに、自分が小学生の頃、凧の原理も理解しないまま、適当に足を付けたりして揚げていたことや、それでも凧は回転してしまい、なかなか思い通りに揚がらなかったことなどを、今更ながらに思い出します。今度こそ「びっと?」(空に張り付いた?カッコイイ)した状態で凧が揚げられればと思っております。そこで、いきなり質問で申し訳ありませんが、上記の管理者様のコメントにもあります通り、1本の糸目糸で凧を揚げるのは2本以上の本数の多い糸目糸で揚げるより、格段に難しいものなのでしょうか?無謀にも、現在、葉書で作った凧(自分では精密に作ったつもりです)を1本の糸目糸(ミシン糸)で揚げようとしているのですが、足を付けないと、どうにも回転してしまいます。突然で申し訳ありませんが、ご指導を頂けると幸いです。
宜しくお願い申し上げます。
  • wildduck
  • 2009/01/14 11:24 PM
いつも楽しく拝見させていただいています。
手作りの凧はいいですね〜
今年も記事を楽しみにしています♪
明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。凧男さんの日々の凧作りの挑戦には脱帽いたしております。
いろいろな方々の情報をいただくことで、私も刺激を受けながらやっております。今後ともよろしくお願いいたします。
  • takoaki
  • 2009/01/06 2:26 PM
明けましておめでとうございます。いつもブログを楽しく見せていただいています。本年の宜しくお願い申しあげます。凧教室のコツを多数教えていただき参考になります。武蔵のカイトクラブでも月に1回「凧教室」を開く予定です。「凧教室」に仕える凧の紹介と、うまく揚がるノウハウをぜひご教授ください。私は「凧教室」を頼まれると「そり無し、1本糸目」を理想として「簡単に短時間で出来る凧」を目指しております。本年もご指導のほど宜しくお願い申しあげます。
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
メインメニュー
・目次ページ
・お役立ち情報館
・凧作り資材館
・凧の本・書籍の紹介
・相互リンク募集
・お問い合わせ
目 次
ブログ内検索
サイト内を語句で検索
最近の記事
最近のコメント
プロフィール
お気に入り追加
お気に入りに追加!
にほんブログ村 趣味ブログへ
新宿不動産
ワノコト -和風な暮らしコミュニティ-
ジャンボ宝くじの当選番号
四国徳島 健心流
リゾートバイトをお探しの方はこちら
enjoy-resoba.com
POSレジ導入をお考えの方はこちらをチェック
rentalpos-hikaku.com
メンズ脱毛のランキングNo.1!
www.ourchancetogive.org
aga治療東京編
aga-osusume.info
ホットヨガを始めるならこちらをチェック
gendai-yoga.com
銀座で美容整形クリニックを探すならこちら
gnzcosmeticsurgery.net
パーティードレスの通販サイトはこちら
dresspros.info
金属3Dプリンターをご利用ならこちらをチェック
metal3dphikaku.net
リゾートバイトを探すならこちら
resortworks-kuraberu.net
交通事故専門の弁護士をお探しならこちら
tal-lawyer-rank.com
その他
QRコード
qrcode