凧は空に浮かぶ手作りのオブジェ。自然が引く凧糸の感触。手の届かないところで織り成す微妙なバランス。凧作りの奥深さは人を惹きつけるものがあります。

<< 2008凧作り教室 | main | 回るしっぽのデルタ型カイト >>

丸亀凧揚げ大会

掲載が遅くなりましたが、1月18日の行われた、香川県丸亀市での凧揚げ大会のようすです。
当日は予報どおりの昼から雨の天気でした。午前中は、雨前ですので風は吹きません。

参加された皆さんは、空模様のことは熟知されているようで、午前中に凧を広げての凧談義が始まります。

私も、色鮮やかな凧を見ながら、いろいろと教えて頂きました。

玉取姫と雷神

だるまいか

義経

紫の縁取りが絵を引き締めてくれます。
昔は、余った絵の具を全部混ぜて最後に縁取りをした、ということも聞きました。いろいろな染料を混ぜると、当然黒になります。

以前は、黒い縁取りの凧もよく見かけましたが、今では紫が主流のようです。

扇咲競

丸いか

小判

香川県の凧(いか)は、曲線でできた凧が多く、骨組みも凝ったものがあります。

この日も、力作の凧を多く見せて頂きました。
コメント
凧男さん、なかなか鋭いところを見ていらっしゃいますね。
ドラエモンの絵の凧は、胴体に丸い骨を入れて、後は中心と横骨だけです。胴体の丸い形をアブのように紅葉マークの天地を逆にした形で作る人もいます。大きな風袋が付くので弱い風で、安定して上がります。
  • takoaki
  • 2009/01/30 3:06 PM
四国の凧に曲線が多いとは初めて知りました。確かにわんわん凧は円形ですし、写真の凧も端が曲線になっています。絵柄も素晴らしく凧の「芸術品」ですね…。目の保養になりました。3枚目の写真の奥にあるドラエモン凧は「アブ凧」の変形でしょうか?私も作ってみたくなりました。(笑い)
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
メインメニュー
・目次ページ
・お役立ち情報館
・凧作り資材館
・凧の本・書籍の紹介
・相互リンク募集
・お問い合わせ
目 次
ブログ内検索
サイト内を語句で検索
最近の記事
最近のコメント
プロフィール
お気に入り追加
お気に入りに追加!
にほんブログ村 趣味ブログへ
ワノコト -和風な暮らしコミュニティ-
ジャンボ宝くじの当選番号
四国徳島 健心流
リゾートバイトをお探しの方はこちら
enjoy-resoba.com
介護求人情報をお探しの方はこちら
helper-hikaku.net
メンズ脱毛のランキングNo.1!
www.ourchancetogive.org
aga治療東京編
aga-osusume.info
ホットヨガを始めるならこちらをチェック
gendai-yoga.com
銀座で美容整形クリニックを探すならこちら
gnzcosmeticsurgery.net
パーティードレスの通販サイトはこちら
dresspros.info
金属3Dプリンターをご利用ならこちらをチェック
metal3dphikaku.net
リゾートバイトを探すならこちら
resortworks-kuraberu.net
交通事故専門の弁護士をお探しならこちら
tal-lawyer-rank.com
その他
QRコード
qrcode