凧は空に浮かぶ手作りのオブジェ。自然が引く凧糸の感触。手の届かないところで織り成す微妙なバランス。凧作りの奥深さは人を惹きつけるものがあります。

<< 多度津全国凧揚げ大会ー2 | main | 多度津全国凧揚げ大会ー4 >>

多度津全国凧揚げ大会ー3

美唄からの六角凧

風が少ないときは、六角凧が多く揚がります。

セール生地とカーボンパイプの骨を使って作られた六角凧は、軽くて微風用の凧の代表みたいなものになっています。

この日も、いろいろな六角凧が揚がっていました。

人集まりて・・六角凧

細かなステッチの六角

花札の絵の六角凧

花札の柄の六角凧が2つ並んで揚がっているのがいいですね。

これらの六角凧は、セール生地を使っています。

セール生地は、水を通さないため色を塗ることが難しく、ほとんどの凧は、生地を縫い合わせて絵柄を作っています。

この縫い合わせるという作業が私にはできません。(挑戦したことはありますが、ろくな物ができませんでした。)

この作者さん達には頭の下がる思いがします。


さらに、変形の六角凧もありました。

変形六角

恵比寿・大黒

六角凧は、簡単な骨組みで、発展性の多い凧だと思います。
コメント
tanepuriさん、コメントありがとうございます。お役に立てて光栄です。
お子さんが喜んで揚げている姿がいいですね。手作りだからこそのおもしろさというのがあると思います。
また、チャレンジしてみて、分からないことがありましたら、いつでもメールして下さい。
  • 2009/04/17 5:21 PM
こんにちは、ミニ凧などの作り方を勉強させていただきました。ありがとうございます。
米国ワシントンDCで桜祭りの始まりに行われる凧揚げ大会に参加しようと作ったのですが、あいにくの天気でせっかくの力作を披露できませんでした。今年はテーマが’green’(エコ)だったので、ビニールの買い物袋でいろいろ教わって作ったのです。
近所に小高い丘があるので、これからは凧を車に常備して楽しもうと思っています。ありがとうございました。
六角凧は、たしかに海外でもrokkaku(ロッカク)という名前で通用しています。
海外ではカーボンとセール地で作られ、紙と竹で作ることはありませんが、その性能のよさが認められているからだと思います。
日本が生んだ名凧と言えると思います。
  • takoaki
  • 2009/04/13 12:05 AM
六角凧は日本の名凧ナンバー1だと思います。たった3本の骨であれだけ安定して揚がる凧はすばらしいです。私も空撮で弱風時に市販の六角凧を愛用しています。
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
メインメニュー
・目次ページ
・お役立ち情報館
・凧作り資材館
・凧の本・書籍の紹介
・相互リンク募集
・お問い合わせ
目 次
ブログ内検索
サイト内を語句で検索
最近の記事
最近のコメント
プロフィール
お気に入り追加
お気に入りに追加!
にほんブログ村 趣味ブログへ
ワノコト -和風な暮らしコミュニティ-
ジャンボ宝くじの当選番号
四国徳島 健心流
リゾートバイトをお探しの方はこちら
enjoy-resoba.com
POSレジ導入をお考えの方はこちらをチェック
rentalpos-hikaku.com
メンズ脱毛のランキングNo.1!
www.ourchancetogive.org
aga治療東京編
aga-osusume.info
ホットヨガを始めるならこちらをチェック
gendai-yoga.com
銀座で美容整形クリニックを探すならこちら
gnzcosmeticsurgery.net
パーティードレスの通販サイトはこちら
dresspros.info
金属3Dプリンターをご利用ならこちらをチェック
metal3dphikaku.net
リゾートバイトを探すならこちら
resortworks-kuraberu.net
交通事故専門の弁護士をお探しならこちら
tal-lawyer-rank.com
その他
QRコード
qrcode