凧は空に浮かぶ手作りのオブジェ。自然が引く凧糸の感触。手の届かないところで織り成す微妙なバランス。凧作りの奥深さは人を惹きつけるものがあります。

糸巻きー4

糸巻き(4) 古い糸巻きですが、今も使っています。
 機織りをしていた所が使っていた糸巻きに、心棒を差し込んで作ったものです。
 微風〜弱風用に細い糸を巻いています。初めは麻糸を巻いていましたが、今はミシン糸を巻いています。ミシン糸もほとんど伸びない糸がありそれを使っています。
 小振りで本体が回らないので、本体の頭から糸を出し、巻くときは手で本体に糸を巻くようになります。

 凧を揚げる糸は傷を付けないようにしているつもりなのですが、何年か経つうちに少しずつ弱ってくるようです。アスファルトの上に置いて引っかけたり、何かでこすったりする内に傷ついているようです。
 この糸も切れて凧をとばしたこともあり、そろそろ引退かなと思っています。今までご苦労さんでした。

糸巻きー3

糸巻き(3) ポピュラーな形の糸巻きです。
 頑丈に作られていて、「糸巻きー2」と同じ方が作られました。自分で作ると、うまく回らなかったり、枠が弱くて、糸を巻きながら凧を降ろしていると枠が折れたり、糸を出すときに、ひっかかったりといろいろありました。
 糸巻きを作っている方は私とは違い、そこら辺のことをよく知って、作っているいるようです。

糸巻きー2

糸巻き(2) 別の方が作ってくれた糸巻きです。
 この形の糸巻きには、私は組み紐を巻いています。本体を回して、糸を出したり巻いたりするので、糸にヨリがかかりません。

糸巻きー1

糸巻き(1) 知人に作ってもらった糸巻きです。
 これから、何点か持っている糸巻きを紹介します。
 残念ながら、私はこんなに上手に糸巻きを作ることが出来ません。いくつか作ってはみたのですが、どうもしっくりくる物が作れません。それで、今持っている物は、ほとんど友人知人に作ってもらった物ばかりです。作ってくださった方に大変感謝しています。

凧糸の保管

揚げ糸 小さい凧を揚げるときは、揚げ糸も細いので、糸巻きに巻いておきます。でも凧が大きくなると、糸も太くなり糸巻きではあまり多くの糸が巻けません。そこで、私は昔ながらの方法で、かごに入れています。これがけっこう便利で、糸が出やすく、しまうときも簡単です。それに、糸にヨリがかかることがありません。

 小学生の時は、ミカン箱に糸を入れ、それを肩にかけて凧を揚げる場所へ行っていました。箱に入れておいても、糸がもつれることはないのですが、たまに箱につまずいてひっくり返すことがあります。そのときはあまり糸をいじらずそっともとの箱に戻します。後は家に帰ってじっくり直すのみです。
 他に、ホースを巻き取るようなドラムに巻く場合もあります。これも、ヨリがかからず糸を巻き取るのが手早くできて便利です。
メインメニュー
・目次ページ
・お役立ち情報館
・凧作り資材館
・凧の本・書籍の紹介
・相互リンク募集
・お問い合わせ
目 次
ブログ内検索
サイト内を語句で検索
最近の記事
最近のコメント
プロフィール
お気に入り追加
お気に入りに追加!
にほんブログ村 趣味ブログへ
ワノコト -和風な暮らしコミュニティ-
ジャンボ宝くじの当選番号
四国徳島 健心流
リゾートバイトをお探しの方はこちら
enjoy-resoba.com
介護求人情報をお探しの方はこちら
helper-hikaku.net
メンズ脱毛のランキングNo.1!
www.ourchancetogive.org
aga治療東京編
aga-osusume.info
ホットヨガを始めるならこちらをチェック
gendai-yoga.com
銀座で美容整形クリニックを探すならこちら
gnzcosmeticsurgery.net
パーティードレスの通販サイトはこちら
dresspros.info
金属3Dプリンターをご利用ならこちらをチェック
metal3dphikaku.net
リゾートバイトを探すならこちら
resortworks-kuraberu.net
交通事故専門の弁護士をお探しならこちら
tal-lawyer-rank.com
その他
QRコード
qrcode